カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 虫歯 >
  5. 乳歯が虫歯になったらどうすればいい?どうせ抜けるのに、抜かずに残すのが正解ってなんで?

気になる病気・症状

乳歯が虫歯になったらどうすればいい?どうせ抜けるのに、抜かずに残すのが正解ってなんで?

 

乳歯はいずれ永久歯に生え変わる歯です。しかしだからといって、乳歯の虫歯を気にしなくてもいいかというとそうではありません。乳歯の虫歯というのはいずれ生えてくる永久歯に影響を及ぼすことがあるのです。

 

まずは知ってほしい「乳歯の虫歯」について

乳歯というのは永久歯ほど強い歯ではありません。歯の一番外側であるエナメル質が薄く、永久歯の半分しかありません。本来このエナメル質の部分で進行がある程度とどまる虫歯ですが、それが薄いということで、すぐにその下の柔らかい象牙質まで入ってしまい、虫歯が一気に広がってしまうのです。

さらに乳歯は神経が大きく、すぐに神経にまで達してしまうため一晩で神経が死んでしまうこともあるのです。

 

乳歯が虫歯になったらどうすればいいの?

乳歯の虫歯は、神経にまで達しても痛みが出ないことがあります。しかしだからいいのではなく、神経まで達すると細菌が神経を腐らせてしまって、歯茎が腫れたり、膿が出てくることもあります。では、乳歯が虫歯になったらどうすればいいのでしょうか。

 

「どうせ抜ける歯なんだから抜いちゃっていいんでしょ?」ではない!

乳歯はいずれは抜けてしまう歯ですから、虫歯になったら抜いてしまえばいいと考えるかもしれません。確かに乳歯は一定期間を過ぎれば、根元からだんだんと溶けて生え変わります。

しかし早い時期に乳歯を抜いてしまうと、以下のような影響が考えられます。

永久歯の生える時期が遅くなる

空いたスペースに隣の歯がそれを埋めるように倒れてきて歯並びが悪くなる

 このことから乳歯が虫歯になったら抜いてしまえばいいという、安易な考えはできないのです。

 

乳歯の虫歯は抜かずに残す!

ではどうするのが正しいのかというと、歯を抜くことはできるだけ避けて、神経の治療を施すことが必要になります。根管治療といって、歯の神経の治療を施して、後から生えてくる永久歯への影響をなくしてあげるのです。

 

 

もしどうしても歯を抜かなければいけない場合には、歯並びの乱れを防止するための特別な治療を考える必要があります。どうせ抜ける乳歯と思わず、永久歯が生えてくるまではしっかりと大切にしてあげましょう。

 

 (Photo by: [//pixabay.com/ja/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E5%AD%90-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-pouting-%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%8F-%E5%B9%BC%E5%85%90-%E5%AD%90%E4%BE%9B-215867/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

虫歯に関する記事

知っておけば少し安心?虫歯の進行度と治療の方法

  虫歯の治療といえば虫歯の部分を取り除く治療が一般的です。 ただし虫歯...

食べ方を変える!時間を変える!ちょい足ししたい虫歯予防法

  虫歯予防をしなければならない、虫歯は予防が一番大切ということはわかって...


せっかく初期で虫歯を見つけたのに、治療してくれない!?歯科医が治療してくれない理由とは?

  虫歯は痛みや腫れに気づいて、「あれ?」と思って歯医者さんに行くこともあると...

神経を抜く虫歯治療は時代遅れ!?最新の『歯髄温存療法』とは?

歯の『神経を抜く治療』は、他の歯の状態を悪化させる?  これまで虫歯治療と言え...

カラダノートひろば

虫歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る