カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 虫歯 >
  5. 知覚過敏を歯医者さんで治してくれる場合、どんな専門的な治療が受けられるの?

気になる病気・症状

知覚過敏を歯医者さんで治してくれる場合、どんな専門的な治療が受けられるの?

 

虫歯が見当たらないにもかかわらず、冷たいものが歯にしみたり、歯ブラシが当たってピリッと痛みがあったりする場合、知覚過敏の可能性があります。

 

まずは知覚過敏の原因をなくすことが必要

知覚過敏の原因には、間違った歯磨き、歯周病、噛みあわせ、歯科治療などがあります。これらがひとつで知覚過敏を起こしていることもありますし、いくつかの理由が重なって知覚過敏が起こっていることもあります。

知覚過敏が起こっている場合、まずその原因を排除することが必要です。歯科治療が原因となっている場合には、時間の経過で様子を見守りますが、治らない場合には以下に示すような知覚過敏の治療が必要になります。

 

重症な知覚過敏の場合の治療には…

上記の原因を取り除いても知覚過敏が治らない場合、そして重度の知覚過敏と判断される場合には専門的な知覚過敏の治療を受ける必要があります。具体的な治療には以下のようなものがあります。

フッ化物の塗布…

知覚過敏は一番外側の組織であるエナメル質が、薄くなったり、傷ついたりして、内部組織の象牙質が露出していることでも起こります。すると象牙質への刺激が伝わり、知覚過敏の症状が起こります。その露出した象牙質をフッ化物で覆ってあげることで、外からの刺激を遮断して、症状を抑えることができます。

歯科材料の塗布…

フッ化物と同じ目的で行われるのが歯科材料(レジンや歯科用セメント)の塗布です。代表的なのが上記のフッ化物が配合された薬を使用する方法ですが、薬ではなく物理的にコーティング剤で象牙質を覆うこともあります。

 

※薬や歯科材料の塗布は、時間と共に効果がなくなってしまうことが普通です。しかし効果が持続している間に、歯の再石灰化が進み、知覚過敏が治ることも十分にあります。

レーザー治療…

露出した象牙質にレーザーを照射することによって、象牙質への刺激を伝わらないようにします。これによって、症状軽減や症状の消失を期待できます。

 

 

 

知覚過敏のほとんどはこれらの方法で改善します。しかし場合によっては、痛み止めを処方したり、神経をとってしまうこともあります。しかし神経を抜くことはマイネス面も多いので、最終手段として考えられています。

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%8C%BB-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E7%94%A8%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%A1%E3%82%B9-%E6%AD%AF-%E5%8C%BB%E8%80%85-%E9%87%9D%E9%BC%BB%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%81-%E7%9A%AE%E3%82%80%E3%81%8D%E5%99%A8-114266/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

虫歯に関する記事

初期虫歯は自然治癒する!?虫歯を自然治癒する方法

  虫歯の治療は早めにやらなければ…と思っていてもついつい後回しになってし...

本当に虫歯を予防する?虫歯のできる仕組みと気になるキシリトールの効果とは?

  お店で販売されているガムには、「キシリトール配合」のものが多く見られま...


キシリトールガムで期待できる歯の再石灰化&酸の中和効果

  虫歯予防効果が高いことで知られるキシリトールガムですが、虫歯の原因菌で...

神経を抜く虫歯治療は時代遅れ!?最新の『歯髄温存療法』とは?

歯の『神経を抜く治療』は、他の歯の状態を悪化させる?  これまで虫歯治療と言え...

カラダノートひろば

虫歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る