カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 糖質制限 >
  5. 糖分は中毒性あり?やせるだけじゃない!糖質制限で集中力UP!

健康診断・健康管理

糖分は中毒性あり?やせるだけじゃない!糖質制限で集中力UP!

糖質制限の食事は、糖尿病患者さんのために考えられたものですが、最近ではダイエットとしても人気があります。糖質を控えると血糖値が上がりにくくなりますが、これがダイエットだけでなく集中力UPという効果ももたらしてくれるようです。

 

 

◼︎食べるほどに欲しくなる糖質

 

人が美味しいと感じる栄養素は、糖質や脂質など太りやすいものが1番にくるようです。美味しいスイーツやパンがそこかしこで売られており、それを食べて一息ついたりするのも至福のひと時となるでしょう。このように食べる楽しみを与えてくれる糖分ですが、これには中毒性があると言われています。摂取すると快を得られる脳内物質がたくさん出るため、また快を得ようと糖分を欲し、常習的にたくさん食べるようになるという傾向があるようです
しかし、食べたくなっても食べられない状況になるとイライラしたり落ち着かなくなることがあるようです。このような状態では集中力も低下してしまいます。
糖質制限を続けると中毒のような症状から解放され、頭もクリアになり集中力が増す、ということがあるようです。

 

◼︎眠気も抑えられる

 

糖質をたくさんとると血糖値が急上昇し、そのあと急降下するという現象が起きやすくなります。この急降下の時に眠くなりやすく、食後の眠気の原因ともなります。3食や間食のたびに眠くなっていては、集中力も低下します。糖質制限で糖質を控えるとそれに応じて血糖値も上がりにくくなり、眠気が抑えられる集中力もUPするでしょう。

 

 

糖質制限は、糖尿病やインスリン注射を打っている人などは医師に相談する必要があります。極端に減らし過ぎても体に良くない場合がありますので、まずは間食や主食の食べ過ぎを無くし、量を控えることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/06/25-363951.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖質制限に関する記事

高タンパク食摂取には分解促進対策を

    高タンパク食摂取が、人体の健康に問題を与えるのは、あまりに大量なタン...

低たんぱく食摂取でもカロリーは充分に

    低たんぱく食摂取と聞くと、どうしてもダイエット食のように極端に低...


怒りっぽい人に朗報!糖質制限でイライラが減る!?

  糖分を取りすぎると、イライラしたり気分が不安定になる傾向があるようです...

ストップ!腎臓病!低たんぱく食摂取で進行抑止に!

    身体の中の老廃物や不純物を濾し取るための臓器である腎臓ですが、その老...

カラダノートひろば

糖質制限の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る