カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 皮膚のがん >
  4. オゾン層の破壊で増加!皮膚のがんの一番の原因は「紫外線」?

ガン・悪性腫瘍

オゾン層の破壊で増加!皮膚のがんの一番の原因は「紫外線」?

 

皮膚のがんはオゾン層の破壊でオゾンホールが拡大し、紫外線が強くなるとともに増加していると言われています。皮膚のがんにはいくつかの種類がありますが、そのほとんどで一番の原因は紫外線であると見られています。はっきりとした原因はまだ解明されていないようですが、次のような事実からも最大の要因であると考えられているようです。


◼︎白人種に多い

 

肌を有色にする「メラノサイト」が多いほど、紫外線に強いと言われています。皮膚がんの発症率を見ると最も多いいのが白人種、次が黄色人種、最後が黒人種となっています。紫外線の影響を受けやすい白人に多く発症することから、皮膚がんの原因となっていると見られます。


◼︎緯度が低いところに多い

 

緯度が低い国ほど太陽の影響を受けやすくなります。オーストラリアやニュージーランドでは近年皮膚がんを発症する人が増えており、紫外線が影響していることを裏付けていると言えるでしょう。


◼︎日のあたりやすい部位に発症しやすい

 

皮膚がんの種類によって異なりますが、発症する箇所は顔や首など日頃露出している部位にできやすいようです。紫外線が当たりやすいためと考えられます。

 

 

原因は他にも化学物質や傷やほくろなどのがん化、遺伝的要素等があります。しかしながら、最も注意すべきなのは紫外線です。当たりすぎると放射線を浴びる量も多くなり、お肌に損傷を与えがんの発生や老化も早めますので、日傘をさす、日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、アームカバーをつけなどの対策をしてお肌を保護していきたいところです。何か皮膚に疾患が発生したら、紫外線に当てないようにしながらケアしましょう。様子がおかしいと思ったら病院へ行くとよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/31-349864.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚のがんに関する記事

シミやほくろじゃない?!症状から判断する皮膚のがん「悪性黒色腫(メラノーマ)」

皮膚のがんにはいくつかの種類があり、それを総称して「皮膚がん」と呼ばれていま...

最大の原因は紫外線!オゾン層の破壊と高齢化で増加する皮膚癌

オゾン層の破壊と高齢化により増加している皮膚がんは近年、増加しています。年間1万...


過去の紫外線照射経験は「悪性黒色腫(メラノーマ)」を引き起こす?リスク因子と治療薬について

「免疫寛容」は免疫細胞が自己攻撃(=自己免疫疾患)を行わないための制御システ...

変化するほくろやシミに要注意!~皮膚がんの初期症状と特徴~

「紫外線を浴びすぎると皮膚がんになる」「ほくろが大きくなるとがんになる」などと...

カラダノートひろば

皮膚のがんの関連カテゴリ

皮膚のがんの記事ランキング

人気体験談ランキング

ガン・悪性腫瘍のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る