カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 皮膚のがん >
  4. 変化するほくろやシミに要注意!~皮膚がんの初期症状と特徴~

ガン・悪性腫瘍

変化するほくろやシミに要注意!~皮膚がんの初期症状と特徴~

「紫外線を浴びすぎると皮膚がんになる」「ほくろが大きくなるとがんになる」などという話を聞いたことがある人もいると思いますが、これらは間違っていないようです。

 

紫外線は、皮膚がんを発生させる大きな要因の一つであることがわかっています。また、ほくろががんの原因というよりは、ほくろのように見えていたものが実はがんだったということもあるようです。

 

◼︎顔に見られる変化するほくろには要注意

皮膚にできるがんにはいくつか種類がありますが、一般的にはそれを総称して皮膚がんと呼んでいます。皮膚のがんで日本人に最も多いのが「基底細胞がん」です。

 

初期の症状として、黒い小さなほくろのようなものができます。少し盛り上がった形状のものが多いようです。これが数年かけて徐々に大きくなっていき、中央が崩れてへこみ、周りが盛り上がった状態になります。

 

できやすい場所は紫外線がよく当たるせいか、上下のまぶた、鼻、唇の付近です。このような場所に少し青みがかった黒いほくろができ、徐々に変化しているようであれば一度受診するようにしましょう。簡単に短期間で検査することができます。

 

早期に治療すれば、予後は良好であるようです。

 

◼︎変化するシミにも要注意

悪性黒色腫(メラノーマ)というがんは、表皮と真皮の間にできやすいがんです。はじめはシミができたように見え、次第に広がったりさらに深く進行していきます。しみの濃淡が不均一で、左右が非対称であるなどの診断基準があります。顔以外の場所にもできます。

 

皮膚がんの中でもやっかいなものになりますので、異変を感じるシミがあればすぐに検査を受け、早期に治療できるようにしたいものです。

 

また、皮膚にジュクジュクした腫瘍ができ、湿疹のように見える場合もある「有棘細胞がん」というものもあります。

 

皮膚にシミ、ほくろ、湿疹ができ、徐々に変化して行くなどなんだか様子がおかしいと感じることがあれば、自己判断で手当てせずに皮膚科でみてもらうようにしましょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚のがんに関する記事

オゾン層の破壊で増加!皮膚のがんの一番の原因は「紫外線」?

  皮膚のがんはオゾン層の破壊でオゾンホールが拡大し、紫外線が強くなるとと...

シミやほくろじゃない?!症状から判断する皮膚のがん「悪性黒色腫(メラノーマ)」

皮膚のがんにはいくつかの種類があり、それを総称して「皮膚がん」と呼ばれていま...

カラダノートひろば

皮膚のがんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る