カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. インナーマッスル >
  5. 高血圧改善には「インナーマッスル」を鍛えるのがおすすめ!

健康診断・健康管理

高血圧改善には「インナーマッスル」を鍛えるのがおすすめ!

 

高血圧を改善するためには、食事療法とともに運動療法を行うことが効果的です。会話しながらでもできる程度の有酸素運動がよいとされていますので、まずはウォーキングから始めてみようという人も多いかと思います。運動の効果をより高めるために、また、運動による怪我を予防するためにも「インナーマッスル」を鍛えるのがおすすめです。


■関節を支え動きをなめらかにする筋肉

 

インナーマッスルは、骨や内臓にくっついているものも多く、姿勢を安定させたり関節の動きを補助したりします。インナーマッスルが弱っていると関節が安定せず、運動時にかかる負荷によって怪我をしやすくなります。また胴体部分である「体幹」がしっかりしていないと手足の動きをうまくコントロールすることができず、可動範囲も狭くなってしまいます。インナーマッスルを鍛えると、ウォーキングやスイミングなどの運動で手足を大きく動かすことができ、怪我もしにくくなります

まずはストレッチやインナーマッスルの強化を始め、体の基礎を作ってから運動を開始する、というのも安全で効果が出やすくなるでしょう。


■ウォーキングしながらインナーマッスルを鍛える

 

とはいえ、高血圧を早く改善したいのにそんな悠長なことはしていられない、と思う人もいるでしょう。そんな時はウォーキングの時の姿勢を意識し、歩きながらインナーマッスルを鍛えましょう。歩行時は腹横筋や多裂筋などのインナーマッスルで体の軸を安定させています。姿勢良くまっすぐ前を見て、足の親指の付け根あたりにある「拇指球」に体重をかけて地面を蹴るようにするとインナーマッスルをしっかり使って歩けるようになるでしょう。

 

 

インナーマッスルを鍛えると代謝もよくなるので、やせやすくなるというのも魅力的です。
せっかく歩くのならより高血圧改善効果が出やすいようにしていきたいですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/07/13-380217.php?category=44])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インナーマッスルに関する記事

体幹トレーニングで腰痛や肩こりを改善する方法!~インナーマッスルの鍛え方~

腰痛や肩こりに悩まされている人も多い昨今ですが、体幹トレーニングで筋肉をほぐし...

辛いひざの痛みや腰痛改善は「インナーマッスル」と関係があった!

  中高年者の体の悩みで多いのが、膝や腰の痛みでしょう。加齢による筋力の低...


インナーマッスルの鍛えてお腹をへこます!~ドローイングのやりかた~

  テレビや雑誌でインナーマッスルという言葉を見聞きすることも増えた昨今で...

認知症改善!?インナーマッスル体操が脳に良い理由とは

  テレビや雑誌で見聞きすることも多くなった「インナーマッスル」ですが、イ...

カラダノートひろば

インナーマッスルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る