カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. 代謝アップ >
  5. 代謝や血流を良くし脳を活性化させる効果!認知症改善にも効果的なインナーマッスル体操!

健康診断・健康管理

代謝や血流を良くし脳を活性化させる効果!認知症改善にも効果的なインナーマッスル体操!

 インナーマッスルを鍛える体操をすることは、全身の代謝や血流を良くし、脳を活性化させる効果があります。運動の中でも表面の筋肉を鍛える運動よりも、インナーマッスルを鍛える運動の方が効果が出やすいというお話もあります。

 

認知症と言うと高齢者の方が多く、「筋肉を鍛えるなんて、体がついていけるだろうか・・・」と心配になるかも知れませんが、体に負担のかかりにくい体操もあるようですので安心です。


◾︎インナーマッスル体操

 

インナーマッスルや肩や足などを強くし、バランスを調整する機能を向上させる体操です。

 

1)床に四つ這いになる。顔は床を見る。体操中頭がうなだれないよう注意する。
2)右手と左足を床から離し、それぞれ水平になるようにあげていく。
3)水平になったらその状態を10秒ほどキープする。
4)もとの姿勢に戻ったら今度は左手と右足で同様に行う。

 

腰が反ったり背中が丸まったりしないよう、背中から腰を床と水平な状態に保つようにしましょう。セット数はできる回数に個人差があると思いますので、3セットから5セットくらいが良いようです。

 


他にも、椅子に座ったまま腕を上げ下ろしする体操や、椅子につかまって立ち、足を真横に上げ下ろしする体操など、簡単にできるものがあります。インナーマッスルを鍛える時のポイントとしては、動かそうとしている筋肉を意識しながら行うこと、正しいフォームややりかたで行うこと、力まずゆっくりと行うことなどです。特に正しい方法で行うことは重要で、動きが少ない簡単な体操であっても、何となくでやってしまうと効果が出なくなってしまうことがあります。指導者の指示やテレビなどで見聞きした情報はよく確認しながら、確実に行えるようにしましょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/06/27-364096.php?category=44])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

代謝アップの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る