カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 手足口病 >
  6. 子どもの手や足に赤い発疹が!!夏に感染者増加する手足口病の症状とは

育児・子供の病気

子どもの手や足に赤い発疹が!!夏に感染者増加する手足口病の症状とは

 

2013年に大流行した手足口病。ここ10年で最も多い感染者が出たそうです。今後も同様に増加していく可能性がありますので、流行する7月下旬から8月にかけての時期は注意して行きたところです。暑い時期に赤い発疹のようなものができることから、汗疹や虫刺されなどと勘違いすることもありますが、感染する病気ですので早めに症状に気づいて対処して行きたいものです。

 


◼︎手足口病の症状

 

最初の症状としては、38℃ほどの発熱や喉の痛みなどがあらわれます。それに続き、体に水泡をともなった発疹が見られるようになります。その名の通り、手のひらや指や甲・足のうらや甲・口内に症状が集中します。膝の裏や臀部にできることもあります。手足では中央にくぼみがある水泡ができ、口内では頬の裏側の粘膜や舌、唇の内側に水泡ができることが多いでしょう。症状を見ることで簡単に診断できますので、疑わしければすみやかに病院に連れて行くとよいでしょう。
症状は熱は長引かず2、3日で下がりますが、発疹は1週間くらいで治ってきます。


◼︎まれに重症化することも

 

手足口病はウイルス感染により発症する病気ですが、そのウイルスが原因で合併症を引き起こし、重症化することがまれにあります。可能性がある合併症は髄膜炎や脳炎、心筋炎などです。高熱が2日以上続く、頭痛や嘔吐、ぐったりしている、などの症状があれば要注意です。すぐに病院でみてもらいましょう。重症化しないためにも、治るまでは安静に過ごしましょう。また、暑い時期に流行するため、水分が不足すると脱水症状を起こすことがあります。こまめに水分をとるよう心がけましょう。

 

 

4歳までの子供に発症することが多いようです。接触感染や飛沫感染によりうつることがありますので、感染者には近づかない、感染したら自宅で療養するように気をつけましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/06/20-337989.php?category=288])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手足口病に関する記事

子供間で感染しやすい!手足口病の感染経路と特徴について

  手足や口を中心に発疹の症状が出るという手足口病。近年では患者数も増加傾...

大人が感染すると症状が重くなることも~手足口病の流行に注意!

  手足口病は子供の病気というイメージがあり、実際4歳までの子供に多く発症...

手足口病の体験談

【一歳】手足口病の実録

一歳三ヶ月の息子が手足口病になりました最初の症状まず発熱から。そして機嫌がすごく悪いことで何かヘンだ...

手足口病にかかっちゃった!

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 今回は、現在幼稚園年少の長女が手足口病に...

カラダノートひろば

手足口病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る