カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 手足口病 >
  6. 子供だけじゃない、大人も要注意!手足口病の感染を予防しよう!

育児・子供の病気

子供だけじゃない、大人も要注意!手足口病の感染を予防しよう!

 

夏の時期に子供の間で流行しやすい手足口病ですが、近年大人の感染者も増えてきているようです。子供も大人も感染する可能性がありますので、油断せずにきちんと対策をとるようにしましょう。

 


◼︎集団生活での注意

 

子供が感染する機会として多いのが、幼稚園や保育園などの集団生活の場です。手足口病の感染経路は接触感染や飛沫感染ですので、子供同士の距離が近く、何でも触ったりなめたりしがちな場所では集団感染することがあります。予防としては、手洗いうがいを徹底することです。また、排泄物にもウイルスが混じって出てきますので、感染者が出た場合はおむつなどの適切な処理や、おもちゃやドアノブなど共同で使用するものの清掃などにも注意します。

 

自分の子供が感染したかもしれないと思ったらすみやかに病院に行き、手足口病の診断を受けたら登園せずに自宅で安静にするようにしましょう。回復をはかることと、他者への感染を防ぐようにします。一般的には、診断されたら登園禁止となり、登園するには治癒証明の提出が必要になることでしょう。しかし、治った後も3〜4週間ほどウイルスが排泄され続けることがあり、注意が必要です。


◼︎家庭内での注意

 

家庭内では、特に兄弟にうつらないようにすることが重要です。なるべく接触をさけるようにし、こまめな手洗いうがいを徹底します。大人にはうつらないとの思い込みから、特別に対策をしないという人もいるかもしれませんが大人にも感染する可能性はありますし、感染すると子供より症状が重くなることもしばしばです。おむつを替えたら密閉してすみやかに処理し、薬用石鹸などで手をしっかり洗いましょう。トイレの使用後も家族全員石鹸で手を洗うようにします。

 

お風呂では、水泡がやぶれたところからウイルスが出てきて湯船に混ざり、そこから感染するという可能性もゼロではないでしょう。心配であればシャワーで済ませるようにするとよいでしょう。症状が出ている間は湯船につかって体が温まるとかゆみが強くなりますので、そういった観点からも湯船は控える方がよいと思われます。

 

 

ワクチンは無く、手洗いうがい以外にこれといった予防方法は無いのですが、とにかくウイルスに接触しないよう注意するのが一番です。また、ウイルスに負けないよう、重症化しないよう普段から生活リズムを整えて体力をつけておくことも予防となるでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/11/25-383827.php?category=288])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手足口病に関する記事

脱水症状に注意!乳幼児の病気「手足口病」の対処法・自宅での食事は?

「手足口病」という病名を、聞いたことがある人も多いことでしょう。 手のひらや足...

幼児がかかりやすい!手足口病でおさえておくべきポイントとは?

1歳から3歳の幼児期は様々な病気にたくさんかかる時期といえます。親からもらった...

手足口病の体験談

【一歳】手足口病の実録

一歳三ヶ月の息子が手足口病になりました最初の症状まず発熱から。そして機嫌がすごく悪いことで何かヘンだ...

手足口病にかかっちゃった!

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 今回は、現在幼稚園年少の長女が手足口病に...

カラダノートひろば

手足口病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る