カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 神経 >
  5. 歯の神経が受ける痛みに応急処置を!その痛みを軽減する有効な対処法3選

気になる病気・症状

歯の神経が受ける痛みに応急処置を!その痛みを軽減する有効な対処法3選

 

仕事中や深夜など、すぐに病院に行けないときに、急に歯が痛くなるときがあります。

特に、我慢できない程の痛みがズキズキと止まらない場合、歯の神経が刺激を受けて痛みが生じている可能性があります。

 

歯の神経が傷んでいる場合、それでどうしようもなく痛ければ本当は、歯科医で適切な処置をしてもらう必要があります。

しかし、それができないときには自分で応急処置をして、歯科医に行くまでの時間をつなぎましょう。

 

痛みを軽減する対処1「痛い場所をきれいにする」

痛みが生じていることの原因に、食べかすや細菌が歯の神経を刺激していることがあります。

そのため、痛みが生じている歯の周辺をきれいにしてあげます。ぬるま湯か常温の水ゆすぎ、歯の隙間や歯茎に食い込んでしまっている食べかすなどを歯ブラシや歯間ブラシできれいに取り除きます。

これだけで劇的に症状が回復することもあります。

 

痛みを軽減する対処2「冷やす」

歯痛というのは歯の中で血流が多くなり、神経を圧迫することによっても起こります。

そのため、冷えピタや氷水などを使って痛みがある場所を、外側のほほから冷やしましょう。冷水を口に含んで直接冷やしても良いです。冷やすことによって血流の流れを少なくできるため、痛みが軽減します。

 

痛みを軽減する方法3「痛み止めを飲む」

どうしても痛みが引かない場合には、痛み止めを飲みましょう。一時的に痛みを抑えることができます。ただしあくまでも一時的ですので、時間が経てば痛みが繰り返されますし、痛みが治まっていた間に状態が悪化して、よりひどい痛みになることもあります。

 

 

神経が刺激を受けて痛い場合、冷やすとしみることもあります。そのため、処置が余計な刺激になっていると感じる場合には、それはやめて他の方法を探しましょう。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経に関する記事

虫歯で神経を抜くor抜かない?それぞれの可能性

  虫歯が進行していくと、歯の深いところまで虫歯に浸食されていきます。そうなっ...

治療を受けた後に歯がしみる!?治療後に歯がしみる場合、どんな可能性がある?

  虫歯の治療をした「後」に、歯がしみるようになったということはないでしょうか...


神経の痛みで生じる歯痛に「正露丸」「今治水」これらの薬で、ひどい歯痛に応急処置!

正露丸(せいろがん)と今治水(こんじすい)という市販薬があります。そのどちら...

歯の神経を抜くとどうなる?

  虫歯や歯周病などの治療に行って診察をしてもらってから、歯の神経を抜くことに...

カラダノートひろば

神経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る