カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 臭い対策 >
  4. 体臭 >
  5. ジメジメした梅雨の時期になかなか消えない足の臭い!体臭を解消する!効果的な食べ物とは

男性のカラダの悩み

ジメジメした梅雨の時期になかなか消えない足の臭い!体臭を解消する!効果的な食べ物とは

 

足を毎日洗っても、足用消臭スプレーをかけていても、やっぱりクサくなってしまうと悩んでいる人も少なくないようですが、原因は一体何なのでしょうか。

 

よそのお宅を訪問したときや座敷のお店に上がる時、気になるのが足の臭いですね。特に、ジメジメした梅雨の時期や暑い季節になってくると足も蒸れやすくなり、臭いが発生しやすくなります。なかなか臭いが消えない原因について見ていきましょう。

 

靴に菌が繁殖している

いくら足を洗っても靴がきれいでなければ、すぐに臭いが出てきてしまいます。何足かの靴を履き回したり、定期的に洗ったり天日干しして滅菌させるとよいでしょう。

 

消毒用のエタノールで中を拭くというのも手軽ですが、靴の変色や変質がおこらないかテストしてからしようしましょう。中敷をしばらく交換していなければ取り替えるようにしましょう。靴は通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

 

足を正しく洗えていない

指の間や足の甲は皮脂腺があり、菌のエサになりやすく繁殖の原因となります。足を洗うときは、指の間を一つづつ丁寧に洗い、足の甲も怠りなく洗います。また、爪の間もゴミや垢がたまりやすく臭いの原因となります。

 

日常的にストレスを感じている

ストレスを感じ緊張したりすると汗をたくさんかきます。足の裏にも汗腺がたくさんあるため、ますます蒸れやすくなります。

 

脂質の多い食べ物をよくとる

菌のエサとなり臭いの元となるのが皮脂です。揚げ物や肉料理など脂質の多い食事をよく食べていると、皮脂の分泌も盛んになります。食生活を見直しましょう。

 

他にも水虫など病気が原因である場合もあります。足に見るからに異常がある場合は放置せずに治療するようにしましょう。

 

食物繊維で腸内のお掃除!体臭を解消する!効果的な食べ物とは

人と会う時や電車の中で気になることも多い「体臭」。暖かい季節になってくると、ますますケアに気を使うようになりますね。臭いの原因は汗が皮脂や汚れと混じり合い、菌が繁殖して発生するというものがあります。しかし、慢性的な体臭の原因では、臭いの元なる物質が体内でたくさん作られ、皮膚や呼気から漏れ出してしまうことで発生しているという場合もあります。臭いの元を抑え、体臭を防ぐためにはどのようなものを食べるようにするとよいのでしょうか。

 

食物繊維で腸内のお掃除!

肉料理や動物性脂肪が多い食べ物ばかり食べていると腸内環境が悪くなり、悪玉菌が増え臭いの元となる物質をたくさん作り出してしまいます。野菜や果物に含まれる食物繊維は、悪玉菌や臭いの元となる物質を吸収しながら腸内を移動し、便として排出されていきます。また、食物繊維に含まれる糖質は腸内環境を良くする善玉菌のエサになりやすく、善玉菌の活動を活発にすると言われています。食物繊維をとると腸内がキレイにお掃除される上にメンテナンスまでしてもらえるというわけです。

 

さらに、便秘などで便がたまっていると体臭の元になることがありますが、食物繊維で便のかさが増えると便意が起きやすくなり、便秘の解消に役立つという利点もあります。食物繊維にも水溶性と不溶性のものがあり、働きも少し違うところがあります。野菜や果物、きのこ類、こんにゃくや海藻類などをバランス良くとるようにすると効果的です。

 

ビタミンをとって善玉菌を元気にする!

善玉菌は食べ物をすみやかに消化したり毒素を取り除くなど、体臭予防に欠かせないものです。善玉菌が活発に働くための手助けをするのが、ビタミンやミネラルです。こちらも野菜や果物、海藻類に多く含まれています。ビタミンはAやBなど数種類はりますが、全てバランス良くとるのがよいでしょう。ビタミンAはにんじんやニラ、ビタミンCはみかんやジャガイモ、ビタミンBは玄米、ビタミンEはナッツ類などに多く含まれます。ミネラルとは鉄分やカルシウムのことで、ほうれん草などの緑黄色野菜やひじきなどの海藻類に多く含まれます。

 

野菜や果物、海藻類をバランス良く食べると食物繊維・ビタミン・ミネラルが一気にとれるということですね。肉料理が多い人は野菜を付け合わせたり割合を多くしてみてはいかがでしょうか。

 

気になる臭いを撃退!さまざまな体臭対策を試してみよう

口の臭いや汗の臭いなど、体臭が気になっている場合はいろんな対策法を試してみましょう。

 

お風呂で汚れを落としきる!

汗や汚れに雑菌が繁殖すると臭いの原因になります。特に夏場は体臭の原因となることが多いでしょう。体毛がある部分には臭いが発生しやすい汗腺がありますのでよく洗いましょう。耳の後ろはおろそかになりがちですが、加齢臭と言われる臭いを発しやすい場所なのできちんと洗いましょう。

 

また、湯船に浸かると新陳代謝が促され、臭い物質を含む老廃物が毛穴や汗腺から出ていきやすくなります。湯船に炭や塩を入れて効果を高めるという方法もあるようです。また、シャンプーの時は髪の毛ではなく頭皮をしっかり濡らして洗うようにすると頭の臭いも解消されるでしょう。

 

食事に気をつける

辛いものや脂肪の多い食事は、汗腺を刺激して汗を増やすため臭いの原因となることがあります。特に脂肪は、酸化すると強い臭いを発生させる物質が多く発生しますので控えたいものです。精製されたお米や砂糖なども、体内に活性酸素を増やし臭いの原因となることがあります。精製前である玄米や黒砂糖などに変えてみるのもよいでしょう。また、野菜や果物や海藻類を十分にとり、内蔵の調子を整えることも臭い対策になります。

 

病気を治す

対策しても臭いが消えないという時は、病気が隠れていることもあります。甘酸っぱい臭いや魚の腐ったような臭い、カビ臭い臭いなど、独特の臭いがしたり急に体臭が強くなったという場合は、病院に行くことも検討しましょう。また、実際は臭っていなくても、自分の体臭が周囲に迷惑をかけているのではと気になってしまう、という心の病もあります。一度専門家に相談してみるとよいでしょう。

 

清潔にする、風通しをよくする、体調を整えるというのが最も効果的な対策となるでしょう。多少の体臭は誰にでもありますので、神経質になりすぎるのもよくありませんが、自分も周囲も快適に過ごせるよう適度な臭い対策を行っていきましょう。

 

 

ワキガ対策!気になったときが始めどき!

歳をとるにつれて気になってくる、体のニオイ。

特にワキのニオイには、男女を問わず悩まされるものです。

 

自分のワキのニオイがちょっと気になり始めたら・・・ワキガ対策をはじめましょう。

 

◆ ワキガの原因 ◆

アポクリン汗腺という特殊な感染から分泌される汗が皮膚の常在菌と合わさって分解を起こし、ニオイ成分を発しています。

また、皮脂腺から分泌される脂肪分が細菌の餌となり、細菌の繁殖を促します。

 

家族にワキガの人がいる場合は遺伝的にワキガになりやすいそうです。

耳垢が湿っている人にも、ワキガ体質が多いそう。

 

◆ 日常的なワキガ対策 ◆

ニオイを出なくするために、まずは汗をためこまないこと。

・ ワキ毛を剃る、もしくは脱毛し汗の付着量を減らす。

・ 毎日、石鹸で洗って清潔にする。ワキについた水分はよく拭き取る。

・ 汗をこまめに拭き取る。汗ワキパッドを着用し、こまめに取り替える。

 

◆ ワキガに効く制汗剤 ◆

ひとまずはニオイを抑えたい!というときには制汗剤を使ってみましょう。

日本製ならば、殺菌効果のあるものを。

 

海外製の制汗剤がより効果大のようです。

しかし、成分が強くてかぶれることがあるそうなので要注意。

 

◆ ワキガ体質を改善 ◆

ワキガは体質的な問題からおこるもの。

体質改善でニオイの発生を抑えましょう。

・ 肉類、油モノを控え、皮脂の分泌を抑える。

・ においの強い食材を控える。

・ めかぶ、ヨーグルトを積極的に摂る。

 

その他、手術で改善することもできますが、リスクが多いようです。

費用が高い上に、失敗事例も少なくなく、また成功しても再発することがあります。

 

日々の心がけでワキのニオイをなくし、さわやかな毎日を過ごしましょう。

 

年齢によって違う!男の体臭対策!

その年代特有の臭いと言えば、中高年になって出てくる加齢臭が有名です。

が、それ以外にも10代特有の臭い、30代特有の臭い、高齢者の臭いとその年代特有の臭いと言うのは存在します。

 

10~20代の体臭

10代の体臭は酸っぱいような鼻につんとくる臭いになります。

 

皮脂の分泌が少なく、肌の新陳代謝が活発なので垢が多くなります。これらが混ざり合ったものが皮膚の常在菌に分解される事によって発生するのが酸っぱい臭いです。 

 

銀イオンが含まれる制汗剤が有効です!

 

30代の体臭

30代になってくると皮脂の分泌が増えてきます。 

 

皮脂に含まれるぺラルゴン酸が分解されると、古い油のような臭いがします。

 

特にお酒やお肉が好きな人は臭いが強くなりやすいので要注意です。

 

皮脂は石鹸できっちり洗わないと取れません。

 

また、皮膚の感想は皮脂の分泌を促進します。洗った後の保湿を忘れないようにしましょう。

 

40~50代の体臭

いわゆる加齢臭と呼ばれる臭いです。

 

皮脂に含まれるバルミトオレイン酸の含有量が増え、分解されてできたノネナールという物質が臭いの原因となります。

 

饐えたような臭いの悪臭です。 

 

運動不足やストレスで抗酸化力が落ちる事も臭いが強くなる原因となります。

 

また加齢臭のためのカテキンなどが配合された石鹸や洗剤が有効です。 

 

60代~老年期の体臭

体の機能が落ちてくる事によって色々な種類の体臭が出てきます。

 

唾液の分泌が少なくなって口臭が強くなり、呼吸・循環能力が落ちて汗のアンモニア臭が強くなります。また、膀胱・直腸能力の低下による便失禁の臭いが出る事もあります。

 

散歩やラジオ体操程度でも結構です。

 

体を動かすようにして細胞を活性化させましょう。

 

昔は体臭なんて無かったのに最近は自分の臭いが気になる、あるいは逆に昔は臭かったのに最近は体臭が少なくなってきたと思う方も居てるでしょう。

 

それは、年代によって体臭の出る原因が違うからです。もし体臭が出てきてしまったなら、あなたの年代にあった対策をしましょう。 

 

 

食べ過ぎに注意!体臭を強くしてしまう食べ物とは

体臭の原因としてまず思い浮かぶのが「汗」や「汚れ」。汗は拭き取り汚れは落として清潔にするのは基本ですが、汗などの分泌物を増やしたり臭いの元となる物質を増やしたりする「食べ物」に注意するのも重要です。現代の食生活は体臭が発生しやすい内容に変化してきていると言われています。体臭が気になっている人は、食べ過ぎると体臭を強くしてしまう食べ物を控えるとよいでしょう。

 

肉類

ステーキやトンカツ、牛丼などといった肉料理は、コレステロールや動物性のたんぱく質が多く、これらが汗腺を刺激し汗や臭いの元となる物質の分泌を多くしてしまいます。動物性たんぱく質は腸で分解される時に、アンモニアなどの臭いの強い物質を発生させます。さらに肉に含まれる脂肪や揚げ物の油などを取りすぎ、余分な脂肪が体内で酸化することも悪臭を発生させる原因となります。

 

乳製品

バターやチーズ、牛乳などの乳製品もとり過ぎには要注意です。腸内で腐敗しやすく、脂肪分も意外に多いようです。よく牛乳を飲むのであれば、低脂肪乳に変えるのも対策の一つです。

 

香辛料

辛い物を食べると汗がたくさん出るという経験があると思いますが、香辛料のとり過ぎは発汗を促す作用があります。少量であれば体に良い作用もあるのですが、普段動物性脂肪の多い食生活をしている人が香辛料をとりすぎると、臭いの元となる物質が増えている上に、それを外に分泌する働きが増してしまい体臭の原因となります。

 

インスタント食品やお菓子

添加物の多いインスタント食品や砂糖や脂肪が多く含まれているお菓子をとりすぎると、活性酸素が増え体の酸化が促されてしまいます。脂肪が酸化され過酸化脂肪酸となると、体内の動物性脂肪に作用して強い臭い物質を発生させます。体臭だけでなく老化防止のためにも控えるようにしたい食べ物です。

 

普段口にすることも多い食べ物ですが、体臭が気になっている人は控えるようにするとよいでしょう。デオドラント商品を使うのと同時に、体内環境も整えていきましょう。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体臭に関する記事

「おへそは触るべからず」は誤り?垢の蓄積は感染症の原因に!

お臍(へそ)との正しい付き合い方とは?  「お臍(へそ)」の手入れというと「行...

年齢によって違う!男の体臭対策!

     その年代特有の臭いと言えば、中高年になって出てくる加齢臭が有名です...


体臭が無くならないので病院へ行きたい…何科に行けばいいの?

体臭を改善するために色んな方法を試してみても、なかなか効果がみられないこともあ...

加速する清潔志向が皮膚炎や体臭、アレルギーの原因となる?!

「洗いすぎ」によって常在菌が減ると、悪臭の原因物質を作る悪玉菌が増える!…なん...

カラダノートひろば

体臭の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る