カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 神経 >
  5. 治療を受けた後に歯がしみる!?治療後に歯がしみる場合、どんな可能性がある?

気になる病気・症状

治療を受けた後に歯がしみる!?治療後に歯がしみる場合、どんな可能性がある?

 

虫歯の治療をした「後」に、歯がしみるようになったということはないでしょうか。治療をしたのに、と不思議に思いますよね。

特に健康診断や、日々の歯の自己チェックなどで、虫歯を発見した場合は、まだ自覚症状がなくて虫歯の治療をしてもらった場合、治療前に痛みがなくて、治療後に痛みが出ることになります。この場合、何となくお医者さんの腕を疑ってしまいますよね。

 

治療したのに歯がしみるって…なんで!?

冒頭に書いたように、ときどき、虫歯の治療が完了した後に、冷たいものや熱いものなど、刺激のあるものを口の中に入れるとしみるようになったという人がいます。患者さんとしては「虫歯治療をした後なのになぜ?」と思ってしまいますよね。この場合どんな可能性があるのでしょうか。

 

可能性1.治療中に神経がダメージを受けた

虫歯の治療の際、歯を削ります。その時に器具が発生させる熱や振動によって、歯の神経がダメージを受けてしまうことがあります。歯の神経がダメージを受けるとしばらくの間は、刺激によってしみたり、圧によって痛みが生じることがあります。この場合は徐々に症状が引いていき自然に治ることが多いです。

 

可能性2.虫歯のとり残し

虫歯治療の際に虫歯を完全に除去できず、蓋をした歯の中で進行している可能性もあります。この場合はもう一度治療が必要です。

 

可能性3.歯を削って歯が薄くなったことによって…

普通虫歯のとり残しを防ぐために、虫歯を削るときは、少し大きめに削ります。ということは歯がちょっと薄くなるということです。すると以前よりも刺激が歯の中に伝わりやすくなり、しみることがあります。

特に金属の詰め物や被せものとしていると熱を伝えやすく、これが顕著になります。しかしこれも時間をおけばだんだんとしみなくなってきます。

 

歯がしみるようになったというのは問題なければ1、2週間で治まっていきます。もしそれで治まらない、あるいは増強していくようであれば、歯科医への相談が必要です。ですが、だからと言ってすぐに神経を抜くという選択になるわけではありません。神経を抜くというのは歯の強度などが著しく落ちるということですから、できる限りの改善策をしていくことになります。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経に関する記事

歯医者に行くまえの心構え 歯の神経はどのようにして抜くのか?

  虫歯の治療などで歯の神経をとってしまうことがあります。歯の神経は歯に栄養を...

虫歯で神経を抜くor抜かない?それぞれの可能性

  虫歯が進行していくと、歯の深いところまで虫歯に浸食されていきます。そうなっ...


難しい虫歯の根管治療!成功率は50%以下?!

  特別な器具を使って細菌に感染してしまった歯質や神経を除去し、歯の根っこの病...

歯と歯茎の堺目に「溝」が見られる知覚過敏とは?「くさび状欠損」は除圧とブラッシングがカギ

知覚過敏があり、外観を見てみると歯肉が下がって歯と歯茎の境界線(=歯頸部:し...

カラダノートひろば

神経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る