カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 入れ歯 >
  5. 入れ歯をすると食事がまずくなる…そんな問題を解決してくれる新しい入れ歯があるんです!

気になる病気・症状

入れ歯をすると食事がまずくなる…そんな問題を解決してくれる新しい入れ歯があるんです!

 

高齢になって入れ歯をする人は多くいます。その時に問題としてあるのが、食事が不味くなったという問題です。

なぜ、舌の機能はそのままのはずなのに、なぜ入れ歯になっただけで、食事の味が変わってしまうのでしょうか。

 

入れ歯をするようになって食事がおいしくなくなった…

総入れ歯にすると、入れ歯がなしの場合に比べて、口の中の味の広がり方が変わります。

特に味というのは舌だけではなく、上顎も味覚を感じる役割を持っています。

そのためそれまで感じていた味が何だか変わったように感じ、食事を美味しく感じられなくなってしまいます。そのせいで食欲が低下してしまうことがあるのです。

 

これを解決する「トルティッシュ義歯」ってなんだ?

入れ歯の中には、歯茎の部分に金属がついている金属床義歯という種類の入れ歯があります。これは非常に機能がいい入れ歯なのですが、やはり上顎を覆ってしまうので、味覚は入れ歯がないときとは違います。

トルティッシュ義歯というのは、この上顎で感じる味覚を改善した金属床義歯です。

 

なぜ味を感じられるのか?

トルティッシュ義歯は、上顎を覆っている金属に無数の目に見えない穴が開いています。それによって食べ物の味がその穴を通り抜けて上顎に達し、味を通常の場合と同じように感じることができるのです。

 

多孔質金属メッシュプレートという金属

トルティッシュ義歯に使われている金属というのは、多孔質金属メッシュプレートという金属です。これは特殊に加工された金属で、目に見えない数ミクロンの穴が何十万個とあいています。それによって食べ物の味を感じることができるのです。

 

 

入れ歯にして食欲が減退してしまうことは、特に高齢の方にとっては非常に大事な要素です。ただし穴が開いていることで食べ物の細かいカスがつまりやすいことも事実です。そのため手入れは丁寧にこまめに行わなければいけません。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

入れ歯に関する記事

入れ歯になったらこんなことに注意しなければいけない!

  今まで自分の歯で噛んでいたのに、歯が加齢と共に弱くなっていってしまい、総入...

総入れ歯になったら…メリットとデメリットを知っておこう

  加齢と共に歯の強度は落ちていきます。生涯自分の歯で食べ物を噛んで過ごせる人...


歯ぐき部分がシリコンでできた"シリコン義歯"はやわらかい使い心地に満足な人が多いんです!

  入れ歯の使用感というのは、使う人にとっては非常に重要です。特に当たる部分の...

保険適用部分入れ歯のメリットとデメリット

  やむなく抜歯をした場合、その場所をそのままにすると歯としての機能が保てず、...

カラダノートひろば

入れ歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る