カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 入れ歯 >
  5. 歯医者さんで作れる入れ歯…保険がきくものもきかないものも、それぞれどれくらいかかるの?

気になる病気・症状

歯医者さんで作れる入れ歯…保険がきくものもきかないものも、それぞれどれくらいかかるの?

 

入れ歯をつくるには保険適用と保険適用外のふたつの選択肢があります。もちろんこの違いは値段の違いに反映されます。

また、保険適用の場合はプラスチックのものしかなく、保険適用外になれば選択肢の幅が広がります。

ここではこの入れ歯にかかる費用について書いてきます。

 

保険適用のプラスチック入れ歯

(3割負担で)約1万円

保険適用の総入れ歯の場合、歯茎の部分(義歯床)がプラスチックのものです。1度保険で総入れ歯をつくった場合、原則として6ヶ月間は再び保険適用で総入れ歯をつくることができません。

 

ここから下は保険適用外の総入れ歯です。

 

シリコン義歯

約10~20万円(入れ歯本体の値段は別途)

これは義歯床の一部がシリコンでできているものです。接触部分がシリコンになっているため、入れ歯が痛いということが少なくなります。

 

金属床義歯

約15~50万円

義歯床が金属でできている入れ歯です。入れ歯自体を薄く作ることができ、違和感が少なくなります。使われる金属で最も多いのはコバルトクロムですが、金やチタンが使われることもあります。選択する金属の種類によって上記のように値段が変わります。コバルトクロムの場合が最も安く、チタン、金の順に高くなります。

 

アタッチメント義歯

→約1~10万円(入れ歯本体の値段は別途)

装着する方法によって種類が多様なのですが、最も多いのが磁性アタッチメント義歯という種類です。これは入れ歯と残っている歯に、それぞれ磁石を取り付け、入れ歯を安定させるものです。アタッチメントの方法によって金額に大きく差が出ます。

 

インプラント義歯

→約120~200万円

顎の骨にインプラント(ネジのようなもの)を埋め込み、それを土台にして入れ歯を装着するものです。しっかりと固定が出来るので、咀嚼力も強く維持でき、痛みや違和感も少ないなどメリットが多い方法です。

 

これらは上下どちらか片方の値段です。歯の状態によってできる方法、できない方法などがありますから、歯科医としっかりと相談した上で、どの方法を選択するのか決めていく必要があります。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

入れ歯に関する記事

違和感が少ない・汚れがつきにくい!入れ歯の中の"金属床義歯"ってどんな入れ歯?

  入れ歯は、個人個人の口腔内に合わせて作ってくれるのは間違いないのですが、装...

入れ歯をすると食事がまずくなる…そんな問題を解決してくれる新しい入れ歯があるんです!

  高齢になって入れ歯をする人は多くいます。その時に問題としてあるのが、食事が...


歯ぐき部分がシリコンでできた"シリコン義歯"はやわらかい使い心地に満足な人が多いんです!

  入れ歯の使用感というのは、使う人にとっては非常に重要です。特に当たる部分の...

総入れ歯になったら…メリットとデメリットを知っておこう

  加齢と共に歯の強度は落ちていきます。生涯自分の歯で食べ物を噛んで過ごせる人...

カラダノートひろば

入れ歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る