カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 被せもの・差し歯(クラウン) >
  5. 強度も、見た目も、体への優しさも確保されたクラウン…"ジルコニアクラウン"ってなんだ?

気になる病気・症状

強度も、見た目も、体への優しさも確保されたクラウン…"ジルコニアクラウン"ってなんだ?

 

セラミック製の白い包丁を見たことがあるでしょうか?

あの素材というのは、人工の歯に使用されています。

歯の治療で大幅に歯を削ったときに、人工の歯として使われるのがクラウンです。

被せものや差し歯とも言いますが、これを残った歯にかぶせるようにして固定し、歯の機能を回復します。

クラウンにはいろいろと種類があり、保険適用外のクラウンになると、種類も価格も様々です。

ここでは保険適用外の中の"ジルコニアクラウン"について書いていきます。

 

ジルコニアクラウンってなんだ?

ジルコニアクランというのは保険適用外のクラウンの中でも、比較的価格設定の高めなクラウンです。

まず「ジルコニア」とはなんでしょう。

ジルコニアというのは人工ダイヤモンドとしても知られている素材です。ダイヤモンドというだけあって、見た目が美しく、強度も強く、軽いという特徴があり、体にも優しいセラミックのひとつです。

身近なところでは、セラミック製の白い包丁の材料として使われていますし、人工関節にも使われています。

ジルコニアクラウンというのは、内部はこの白いジルコニアを使い、外側には見た目がよいセラミックを使うことで、強度も見た目も両立したクラウンです。

 

ジルコニアクラウンのここがスゴイ!

従来のメタルボンドなどのクラウンは強度を保持するために、内面に金属を使用していました。しかし金属を使用するということは、金属が溶け出して歯茎が変色したり、金属アレルギーが起こったりという心配がありました。

しかし、ジルコニアクラウンの場合金属を一切使用していない上、強度も確保されているので、力が多くかかる奥歯にも使用することができます。

また、見た目としてもセラミックを使うことで美しく、時間がたっても変色しない上、汚れや歯垢がつきにくいというメリットがあります。

 

しかし新しく出てきた方法だからこそ、気を付けて!

値段が他のクラウンと比べて高いこともさることながら、まだ新しい方法という部分がデメリットにもなりえます。というのも、全ての歯科医がこのクラウンを絶対にきれいに、持ちよく施術できるとは限らず、全ての歯科医がきちんとした知識を持っているとも限らないのです。

そのためその歯科医院や歯科医の実績などを踏まえて、選択した方がよいでしょう。

 

新しい方法だからこそ、長期的な予後などについてはまだきちんとわかっていません。

不確定な部分がある分、きちんと歯科医と相談し、長期的にメンテナンスをしていける環境であることも必要かもしれません。

 

 (Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

被せもの・差し歯(クラウン)に関する記事

持ち・保証期間・見た目…この観点から考えたとき、本当にクラウンの保険適用は安いのか?

  歯の治療にはお金がかかります。ですが「高い」というのはなにも、金額だけでは...

クラウン(差し歯・かぶせもの)の選択肢を知ろう!

  歯科治療で使用されるクラウンというものを知っているでしょうか。クラウンとは...


種類がたくさんあるクラウン…このクラウンを選んだときはどれくらいの金額がかかるの?

  歯の機能を取り戻すといっても、その選択肢は多く、その時になって大いに迷うと...

保険適用外で選ばれることが多い「メタルボンド」というクラウンはどんなものなの?

  人工の歯を入れるときに、重要な要素のひとつが「強度」です。 見た目と値段...

カラダノートひろば

被せもの・差し歯(クラウン)の関連カテゴリ

被せもの・差し歯(クラウン)の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る