カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 後陣痛 >
  5. 後陣痛ってなに?産まれた後にもまだ陣痛があるの?分娩直後の後陣痛について【前編】

妊娠・出産

後陣痛ってなに?産まれた後にもまだ陣痛があるの?分娩直後の後陣痛について【前編】

 愛らしい赤ちゃんを無事に出産して、やっと一安心。

『これから数日間は赤ちゃんと一緒の入院生活、ゆっくり休もう!』 なんて少し落ち着いた頃に始まるお腹の痛み…『あんなにお腹を痛い思いをして、赤ちゃんを出産したのに何故まだお腹が痛いの?』と思うことでしょう。

会陰切開の痛みとは別の下腹部痛…これはいったい何の痛みなのでしょうか?

 

出産後の痛み「後陣痛」って何?

それは、赤ちゃんと胎盤などの付属物を無事に出し終えた子宮が、もとの大きさに戻ろうと急激に収縮するために起こる痛みで、後陣痛と言います。胎盤娩出後(後産)のあとから痛みを感じることが多いようです。

また、痛みの程度は、初産の方より、経産婦さんの方が辛いようですし、帝王切開での出産の場合にも後陣痛はあります。

 

「後陣痛」は何故起こるのでしょうか

出産を終えた子宮では、胎盤が剥がれた場所などから出血が続いています。

収縮することにより出血を止め、子宮をもとの状態に戻す為にも重要で自然な生理的な働きです。

 

子宮の収縮が起こらない場合は、弛緩出血と言って出血がなかなか止まらず、出血量が多くなってしまい、輸血が必要になったり、子宮を摘出・周辺の動脈を縛るなどの手術をしなくてはならないような、最悪の場合、命に関わるケースもあります。

むしろ、収縮が無いと困ってしまうと言うことですね。

 

「後陣痛」にはどう対応すればいい? 

子宮の収縮を促す為に、出産直後に冷却する物を腹部に乗せたり、お腹の上から子宮のあたりをマッサージすることもあるようです。

そのときに、結構な痛みを感じることもありますが、上でも書いたように収縮が起きないと大変なことになってしまうので、必要な処置と思い少し頑張りましょう。

また、必要に応じて、収縮剤などの薬剤を投与することもあります。

子宮の戻りが良好な場合でも、収縮を促進する為のお薬を全員に服用してもらう産院もあります。

 

後陣痛について分かってきたでしょうか?後編でも引き続き、後陣痛についてご紹介します。

後陣痛ってなに?産まれた後にもまだ陣痛があるの?分娩直後の後陣痛について【後編】へ続きます。

 

(Photo by://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_1032.html)

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

後陣痛に関する記事

お産より辛いことも?!産後の体の痛みあれこれ

  お産より辛い?!産後の体の痛み 妊娠中に、出産経験者から「産んでから...

無痛分娩での出産!後陣痛など出産後の痛みは?

  無痛分娩での出産は、全く痛みを感じないわけではなく、腰から下に麻酔をかけるた...

後陣痛の体験談

後陣痛ってこんなに痛いの?3人目を授かって一番つらかったこと

3人目を授かってから、切迫早産はあったけれど、まあ大丈夫だった。 出産するのも、する前は怖くて出産...

後陣痛?産後の生理痛のような鈍痛やキリキリする痛み…

出産が終わり、達成感と幸せでいっぱいだったのですが、分娩台の上では、いろいろとまだ施術が続いていまし...

カラダノートひろば

後陣痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る