カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 被せもの・差し歯(クラウン) >
  5. 持ち・保証期間・見た目…この観点から考えたとき、本当にクラウンの保険適用は安いのか?

気になる病気・症状

持ち・保証期間・見た目…この観点から考えたとき、本当にクラウンの保険適用は安いのか?

 

歯の治療にはお金がかかります。ですが「高い」というのはなにも、金額だけではかることはできません。

その金額に見合った働きをするかどうか、性能かどうかという点も含めて、その治療が高いか低いかが決まるのです。

 

クラウンの治療の値段を考える

クラウンというのは、虫歯治療などをした際、歯を大きく削ると、その削った分の機能を回復しなければいけません。そのため残っている歯に人工の歯をかぶせて、歯の機能を回復します。これがクラウンと呼ばれるものです。

差し歯や被せものといった方が、一般的には聞き馴染みがいいかもしれません。このクラウン治療の値段について考えていきます。

 

保険適用VS保険適用外

クラウンには保険が適用されて安価なものと、保険適用外の比較的高額なものがあります。

大体の金額としては、

・保険適用が3000円~8000円

・保険適用外が4万円~20万円

となりその金額には大きな差があります。

確かにこの治療費だけでみると保険適用の方が安いのですが、実際にそれを使って生活していることを考えると、一概に値段だけで「安さ」を決められません。

 

考えたいポイント「持ち」

保険適用のクラウンでも丁寧で上手な治療をしてくれれば、それなりに持ちがよくなります。しかし、そもそもの材質が保険適用と保険適用外で異なりますので、総じていえば保険適用外の方が持ちがよい傾向にあります。

また、「持ち」で考えたいのが、治療のケースです。患者側としては「このクラウンはどれくらい持つの?」と考えてしまいがちです。

しかし、治療が簡単か難しいか、そして治療後のメンテナンスがきちんとできているかによって、持ちは大きく変わってしまいます。そのため「〇年」ということができません。

 

考えたいポイント「保証期間」

保険適用のクラウンには2年の保障期間があります。2年の間であればクラウンが外れたり、壊れたりした際に無償で対応してもらえるのです。

一方で保険適用外の場合、補償期間は歯科医院によって設定が異なります。

一定期間無償でやり直してくれる場所もありますし、壊れた場合にはもう一度同じ料金がかかるという場所もあります。そのため治療を受ける前にきちんと確認しておくとよいでしょう。

 

考えたいポイント「見た目」

保険適用の場合、犬歯よりも後ろの歯のクラウンはすべて銀歯です。前歯から犬歯までは白い素材のクラウンが使えますが、それも時間と共に変色していき目立ってしまうことが多いです。

見た目が気になる場合は、安易に安いからと言って保険適用に走らず、きちんと数年後の状態を想定して、保険適用外も検討するべきでしょう。

 

選択するクラウンによって、これらの点は大きく違います。これらの点を踏まえると共に、満足できなかった場合の対応などについて、聞いておくことをお勧めします。

 

 (Photo by:足成 ) 

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

被せもの・差し歯(クラウン)に関する記事

強度も、見た目も、体への優しさも確保されたクラウン…"ジルコニアクラウン"ってなんだ?

  セラミック製の白い包丁を見たことがあるでしょうか? あの素材というのは、...

種類がたくさんあるクラウン…このクラウンを選んだときはどれくらいの金額がかかるの?

  歯の機能を取り戻すといっても、その選択肢は多く、その時になって大いに迷うと...


保険適用外で選ばれることが多い「メタルボンド」というクラウンはどんなものなの?

  人工の歯を入れるときに、重要な要素のひとつが「強度」です。 見た目と値段...

保険適用の3つのクラウン(かぶせもの・差し歯)

  虫歯治療で歯を削った際、少し削ったくらいであれば樹脂で固めてしまえばよいで...

カラダノートひろば

被せもの・差し歯(クラウン)の関連カテゴリ

被せもの・差し歯(クラウン)の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る