カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 被せもの・差し歯(クラウン) >
  5. 種類がたくさんあるクラウン…このクラウンを選んだときはどれくらいの金額がかかるの?

気になる病気・症状

種類がたくさんあるクラウン…このクラウンを選んだときはどれくらいの金額がかかるの?

 

歯の機能を取り戻すといっても、その選択肢は多く、その時になって大いに迷うと思います。歯を大幅に削った場合に、残った歯を土台として被せる人工の歯を「クラウン」と言います。

一般的には「差し歯」や「被せもの」と言われます。このクラウンにはどんな種類があるか知っているでしょうか?どの金額や特徴も併せて知っているでしょうか?

歯科医任せにならないように、自分でも知っておくべきかもしれません。

 

気になるクラウンの金額

クラウンには、保険適用と保険適用外があり、それによって金額が大きく変わります。具体的にどれくらいの金額がかかるのか見てみましょう。

 

保険適用の場合

 

保険適用のクラウンの種類は硬質レジンジャケット冠、硬質レジン前装冠、銀歯の3つです。

 

硬質レジンジャケット冠→約3000~5000円

全体がレジンという歯科用プラスチックでできており、色が白いため見た目が良いです。

 

銀歯→約3000~5000円

主に奥歯のクラウンに使用するもので、見た目としても金属(銀)で出来ているのが分かります。

 

硬質レジン前装冠→約5000~8000円

これはレジンと銀歯を併せたクラウンで、内側が金属、表面がレジンでできています。

 

保険適用外の場合

保険適用外のクラウンはいくつか種類があります。基本的には保険適用のクラウンよりも見た目や持ちがよいです。

 

ハイブリッドセラミッククラウン→約4~12万円

レジンにセラミック(陶器)を、その名の通り混ぜたクラウンです。レジンにセラミックの細かい粒子を混ぜています。

 

オールセラミッククラウン→約8~15万円

セラミックでできたクラウンです。変色がなく見た目もよいですが、耐久性が低いです。

 

メタルボンド→約8~15万円

内側は金属、表面がセラミックでつくられたクラウンです。保険適用外の差し歯ではよく用いられています。

 

ジルコニアクラウン→約10~20万円

内側に白色で、硬度のあるジルコニアという材料、外側は見た目が良いセラミックで出来ているクラウンです。

 

金歯→約4~12万円

 

金合金を使ったクラウンです。耐久性はよいのですが、見た目には少々問題があります。

 

どの種類のクラウンを使用するかはもちろん、歯科医と患者さんで相談して決めます。

金額もそうですが、クラウンの強さや見た目も、選ぶ際には非常に大きな要素です。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

被せもの・差し歯(クラウン)に関する記事

保険適用外で選ばれることが多い「メタルボンド」というクラウンはどんなものなの?

  人工の歯を入れるときに、重要な要素のひとつが「強度」です。 見た目と値段...

クラウン(差し歯・かぶせもの)の選択肢を知ろう!

  歯科治療で使用されるクラウンというものを知っているでしょうか。クラウンとは...


持ち・保証期間・見た目…この観点から考えたとき、本当にクラウンの保険適用は安いのか?

  歯の治療にはお金がかかります。ですが「高い」というのはなにも、金額だけでは...

強度も、見た目も、体への優しさも確保されたクラウン…"ジルコニアクラウン"ってなんだ?

  セラミック製の白い包丁を見たことがあるでしょうか? あの素材というのは、...

カラダノートひろば

被せもの・差し歯(クラウン)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る