カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 被せもの・差し歯(クラウン) >
  5. 保険適用外で選ばれることが多い「メタルボンド」というクラウンはどんなものなの?

気になる病気・症状

保険適用外で選ばれることが多い「メタルボンド」というクラウンはどんなものなの?

 

人工の歯を入れるときに、重要な要素のひとつが「強度」です。

見た目と値段だけを考えてしまうと、この強度が置き去りにされて、後悔することになるかもしれません。

 

メタルボンドというクラウン

クラウンというのは、削った歯にかぶせて、歯の機能を回復する人工の歯です。クラウンには保険適用のものと、保険適用外のものがあるのですが、このメタルボンドというクラウンは保険適用外のクラウンで、その中でもよく用いられるものです。

 

メタルボンドはどんなクラウン?

メタルと名前がつくようにこのクラウンには金属が使われています。しかし金属は外からは見えにくい中身、そして内側だけで、外から見える部分にのみセラミックがはりつけられています。

このクラウンは金属の強度と、セラミックの見た目の良さの、いいところ同士を合わせたクラウンです。

 

メタルボンドのメリット

・セラミックのため色が歯に似ており、見た目がよい

・セラミックのため時間たたっても変色が起こりにくい

・中が金属で強度があり、前歯だけではなくほとんどの部位に使うことができる

・汚れや歯垢がつきにくい

 

これらのようなメリットがあります。

また金属というと、金属が溶け出すことで起こる歯茎の変色や、金属アレルギーが気になる方もいると思います。中の金属を貴金属にすれば、こうした可能性も低くすることができます。

 

メタルボンドのデメリット

・歯茎が下がると歯と差し歯の境が黒く見えてしまうことがある

・色合いはオールセラミックのクラウンに劣る

・歯の裏側からは金属が見えてしまう

・中に使用する金属の種類によって値段が上下する

 

金属の溶け出しによる歯茎の変色を防ぎたい場合、金属を指定する必要がありますが、歯科医院によってはその説明をしてくれないところもあるようです。できれば自分で知識を持って、歯科医の説明に耳を傾けたいところです。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

被せもの・差し歯(クラウン)に関する記事

クラウン(差し歯・かぶせもの)の選択肢を知ろう!

  歯科治療で使用されるクラウンというものを知っているでしょうか。クラウンとは...

強度も、見た目も、体への優しさも確保されたクラウン…"ジルコニアクラウン"ってなんだ?

  セラミック製の白い包丁を見たことがあるでしょうか? あの素材というのは、...


持ち・保証期間・見た目…この観点から考えたとき、本当にクラウンの保険適用は安いのか?

  歯の治療にはお金がかかります。ですが「高い」というのはなにも、金額だけでは...

保険適用の3つのクラウン(かぶせもの・差し歯)

  虫歯治療で歯を削った際、少し削ったくらいであれば樹脂で固めてしまえばよいで...

カラダノートひろば

被せもの・差し歯(クラウン)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る