カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 舌苔 >
  5. 舌の表面に付着する舌苔…舌苔の除去をする時の判断基準はこの3つを参考に!

気になる病気・症状

舌の表面に付着する舌苔…舌苔の除去をする時の判断基準はこの3つを参考に!

 

舌表面の白い付着物は口臭の原因になります。そう聞くと気にしすぎて、とりすぎてしまう人がいます。ですが、これは舌苔(ぜったい)と言って、いくらとってもすぐにつくもので、ある程度あるのが普通なのです。

 

でもじゃあ、どんな状態になったら舌苔は取った方がいいの?

舌磨きという言葉や、舌磨き専用のグッズがあるように、口臭の原因ともなり得る舌苔を除去するのは、ある程度はした方がよいとされています。しかし、やりすぎると舌を傷つけてしまうことがあり、よくありません。

では具体的にどんなときに舌苔を除去したらいいのでしょうか。

 

1.舌苔を見て判断する

観察して見ないとあまり気づけませんが、舌苔というのは1日の中でも、付着している量が変化します。その量に応じて舌磨きをするかどうか決めるとよいでしょう。

特に目安となるのが「舌の赤み」です。これが舌苔と通して確認できるかどうかがポイントで、

舌の表面がうっすらと白っぽかったり、溝だけが汚れているならば問題ありません。

これに対して白や黄色で、舌苔の下の赤みが全く確認できないようなら、舌磨きが必要と考えてよいでしょう。

 

2.においで判断する

舌苔は口臭原因の6割を占めると言われるほど、口臭と関係があります。そのため下の汚れをちょっとこすってにおいをかいだとき、

多少におう程度ならば誰にでもあるもので、問題ありません。

ですが我慢できない程のにおいであれば舌苔を除去する必要があります。

 

3.触って判断する

舌苔を指でこすってみてください。舌磨きをした直後というのはヌルつきや粘りというものはないのですが、時間が経過して舌苔がつくと共に徐々に下の表面はヌルついてきます。これは舌の上の細菌によって起こるものです。

触ってみてヌルつきがひどいようでしたら、舌磨きをしてみてください

磨いた後にもう一度触ってみて、舌が指先に吸い付くような感じになったり、少しざらつく感じしたらきれいになっている証拠です。

 

特に舌苔が口臭の原因と思うと、躍起になって除去しようとしてしまうかもしれません。ですが舌苔の除去はある程度で諦めなければいけません。こうした判断基準をしっかり持って舌磨きを行って下さい。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

舌苔に関する記事

きれいにしすぎるのは危険!?舌表面の舌苔と口臭の関係…正しいケアの仕方とは?

  鏡を用意してください。あっかんベーっと舌を出してみてください。舌は何色です...

舌苔(ぜったい)対策にははちみつが有効!

  口臭の原因ともなるのが舌にできた白い苔状のもの、舌苔です。舌苔除去は口臭対...


口臭の原因!?舌苔(ぜったい)とは

  最近なんだか口臭がひどくなった気がする、自分でも気になるくらいの臭いがする...

舌ブラシの正しい使い方を覚えよう!

舌の表面に溜まり、口臭の原因ともなっているのが舌苔です。舌苔は白く、ピンクの舌...

カラダノートひろば

舌苔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る