カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. きれいにしすぎるのは危険!?舌表面の舌苔と口臭の関係…正しいケアの仕方とは?パイナップルの酵素の力で対策しよう!舌苔(ぜったい)対策にははちみつが有効!

気になる病気・症状

きれいにしすぎるのは危険!?舌表面の舌苔と口臭の関係…正しいケアの仕方とは?パイナップルの酵素の力で対策しよう!舌苔(ぜったい)対策にははちみつが有効!

 

鏡を用意してください。あっかんベーっと舌を出してみてください。舌は何色ですか?

おそらくきれいなピンク色という人は少ないと思います。少なからずちょっと白っぽい感じがしませんか?

それが舌の苔(こけ)と書いて舌苔(ぜったい)というものです。

 

舌苔とは?

舌の表面についている汚れのことをいいます。

実は舌の表面はつるつるしているわけではなく、細かな突起があります(舌乳頭といいます)。そこに食べかすや、口の中から剥がれ落ちた粘膜などの汚れが付着します。

このように舌苔は細菌の温床のため、色々な口腔内のトラブルを招く恐れがあります。

その中でも気になるのが口臭です。確かに舌苔が多いことは口臭の原因にもなります。では毎日舌苔を除去して、きれいにすればよいのでしょうか?

 

きれいにしすぎるのも危険?

前述したとおり、きれいなピンク色の舌になれば口臭は避けられるのでしょうか?

いえ、そういうわけでもありません。

確かに舌苔は口臭の原因になりますが、本来は唾液が浄化をしてくれます。ですがドライマウスの人などは唾液量が少なく、舌苔の細菌を浄化できなくなってしまいます。そのため口臭がきつくなるのです。

では大元の舌苔をきれいに取り除いてしまえばいいと思ってしまいますが、とり過ぎは危険です。というのも、舌苔をとすぎることにより、さらに唾液の分泌を減らしてしまうからです。

そのためさらに細菌が繁殖し、口臭をきつくさせてしまいます。

※舌苔がまったくないピンク色の舌は舌に熱をもったり味覚障害を起こす危険があります。

 

舌苔のケアの仕方

とらなくてもとりすぎてもダメな舌苔はケアの仕方が重要です。第一に無理に力を入れてこすりすぎないということです。

 

・舌ケア専用ブラシを使う

市販もされていますし、歯科医院でも販売されています。数回なでる程度に使用しましょう。

 

・舌を上あごにこすりつける

舌を上あごにこすりつけ表面を磨きます。

 

また、舌苔を増やして口臭などのトラブルを起こさないためにも、唾液を増やすことが大切です。水分を多く取ったり、咀嚼回数を増やし、唾液分泌を促したりすることを心がけましょう。

 

とらなくてもとりすぎてもダメというのは難しい気もしますが、正しいケアを行い、口腔内を環境を整えましょう。

 

舌ブラシの正しい使い方を覚えよう!

舌の表面に溜まり、口臭の原因ともなっているのが舌苔です。舌苔は白く、ピンクの舌を埋めるようにして広がっていきます。

 

そんな舌苔を除去するのが舌ブラシです。即効性があることから、薬局などでも人気を博しているようです。

 

●舌磨き専用ブラシの必要性

舌苔を取るために舌を磨くんだったら、舌ブラシじゃなくて普通の歯ブラシでもいいんじゃないか、と思う方もいるかもしれません。

 

しかし舌苔を取るためには、普通の歯ブラシではあまりにも刺激が強すぎます。舌は非常にデリケートな器官で、歯ブラシでは舌を傷つけることもあるからです。

 

舌が傷つくと味を感じにくくなったり、舌に違和感が残ったりするので舌磨きには専用のブラシを持っておいてください。

 

●舌ブラシの使い方

それでは、具体的に舌ブラシを使う方法を見ていきます。舌ブラシで舌苔ケアをするのは数日に1回、舌苔が気になる場合でも1日1回までを目安としてください。1日に3-4回もやってしまうと舌を傷つけてしまいます。

 

舌ブラシはスプーン状になっているので、舌の表面とスプーン状の部分をぴったり合わせます。そして舌から汚れをかきだすように3-5回程度ブラッシングします。

 

このとき、舌を傷つけるのを防ぐためにも、なるべく軽い力でブラッシングしてください。

 

●舌ブラシは使い捨て?

舌ブラシはその多くが使い捨てではありません。連続使用も可能ですが、舌苔が残ったままだと舌苔対策には効果がありませんので、使用後はしっかりと洗ってください。そして、出来るだけ通気性のよいところに保管するのが舌ブラシ管理の基本です。

 

なお、舌ブラシの取り換え時期は1か月が大体の目安と言われています。舌苔対策を行うためには、舌専門のブラシを買ってください。1か月くらいの取り換えで連続使用も可能です。

 

舌ブラシをつかうときには優しく、舌を傷つけないようにブラッシングしてください。

 

舌に付着する舌苔がつきやすい人・落ちにくい人に!パイナップルの酵素の力で対策しよう

舌の表面の白い舌苔(ぜったい)は、誰にでもあるものですが、つきやすい人と、つきにくい人がいます。

この舌苔は口臭の原因となるため、舌磨きをすると、口臭の予防や改善に効果があります。

しかし、つきやすい人は舌磨きをしてもなかなか取れないことがあるのです。

 

こんな人は舌苔がつきやすい人

舌クリーナーや舌ブラシなど舌磨き専用のグッズは、舌を痛めず比較的簡単に舌苔をとることができます。しかし、舌苔がつきやすい人というのはこれらで一生懸命舌磨きをしてもなかなか舌苔が落ちてくれません。

※あまりに摂れない場合は、舌苔ではなく真菌症など他の疾患の可能性もあります。その場合、念のために検査を受けることをお勧めします。

 

舌苔がつきやすい人にお勧めの「パイナップルの力」

舌苔の除去には基本的には、「食事をよく噛んで食べる」ことが有効です。しかしそんな時間がとれないと言う場合には、パイナップルが有効に働くのです。どうしてパイナップルが舌苔に有効に働くのでしょうか。

 

パイナップルの酵素の力が舌苔に作用する

舌苔というのは、細菌や、食べかす、死んだ白血球など、主成分がたんぱく質です。このたんぱく質を分解する酵素をたくさん含有しているのがパイナップルなのです。酢豚にパイナップルを入れると肉がやわらかくなります。これはパイナップルの酵素が肉(たんぱく質)に作用して起こるものです。

このパイナップルを口の中に入れると、舌苔に作用してくれて分解してくれます。これによって舌をきれいにできるのです。もしかしたらピリピリと刺激を感じるかもしれませんが、それで舌が傷ついたり出血したりすることはありません。

 

ここではパイナップルの酵素の力を紹介しましたが、他にもいちじく、キウイ、メロン、パパイヤなどにもたんぱく質を分解する酵素が含まれています。酵素は熱で働きを失ってしまうので、できるだけ生のフルーツをとりましょう。

 

舌の表面に付着する舌苔…舌苔の除去をする時の判断基準はこの3つを参考に!

舌表面の白い付着物は口臭の原因になります。そう聞くと気にしすぎて、とりすぎてしまう人がいます。ですが、これは舌苔(ぜったい)と言って、いくらとってもすぐにつくもので、ある程度あるのが普通なのです。

 

でもじゃあ、どんな状態になったら舌苔は取った方がいいの?

舌磨きという言葉や、舌磨き専用のグッズがあるように、口臭の原因ともなり得る舌苔を除去するのは、ある程度はした方がよいとされています。しかし、やりすぎると舌を傷つけてしまうことがあり、よくありません。

では具体的にどんなときに舌苔を除去したらいいのでしょうか。

 

1.舌苔を見て判断する

観察して見ないとあまり気づけませんが、舌苔というのは1日の中でも、付着している量が変化します。その量に応じて舌磨きをするかどうか決めるとよいでしょう。

特に目安となるのが「舌の赤み」です。これが舌苔と通して確認できるかどうかがポイントで、

舌の表面がうっすらと白っぽかったり、溝だけが汚れているならば問題ありません。

これに対して白や黄色で、舌苔の下の赤みが全く確認できないようなら、舌磨きが必要と考えてよいでしょう。

 

2.においで判断する

舌苔は口臭原因の6割を占めると言われるほど、口臭と関係があります。そのため下の汚れをちょっとこすってにおいをかいだとき、

多少におう程度ならば誰にでもあるもので、問題ありません。

ですが我慢できない程のにおいであれば舌苔を除去する必要があります。

 

3.触って判断する

舌苔を指でこすってみてください。舌磨きをした直後というのはヌルつきや粘りというものはないのですが、時間が経過して舌苔がつくと共に徐々に下の表面はヌルついてきます。これは舌の上の細菌によって起こるものです。

触ってみてヌルつきがひどいようでしたら、舌磨きをしてみてください。

磨いた後にもう一度触ってみて、舌が指先に吸い付くような感じになったり、少しざらつく感じしたらきれいになっている証拠です。

 

特に舌苔が口臭の原因と思うと、躍起になって除去しようとしてしまうかもしれません。ですが舌苔の除去はある程度で諦めなければいけません。こうした判断基準をしっかり持って舌磨きを行って下さい。

 

舌苔(ぜったい)対策にははちみつが有効!

口臭の原因ともなるのが舌にできた白い苔状のもの、舌苔です。舌苔除去は口臭対策には特に有効と言われています。

口臭が気になる、という方は一度舌苔対策をしてみるのもよいかもしれません。そんな舌苔対策に使えるのがはちみつです。

 

●舌苔とはちみつ

はちみつには殺菌作用がある、体にいいなんて話を聞いたことのある方も多いはずです。

古代エジプトでははちみつを薬として使っていたという記録もあるくらいで、古くから役に立つ食べ物として注目されてきたことがわかります。

はちみつの力のうち、舌苔除去と関係があるのはタンパク質の分解力です。舌苔はタンパク質から出来ているのではちみつでタンパク質を分解できれば舌苔も除去できるというわけです。

 

●はちみつで舌苔の根本解決?

はちみつで舌苔の根本解決ができるという説もあります。はちみつに含まれているグルコン酸が腸内環境を整えるからです。

舌苔の原因はひとつではないので一概にはいえませんが、腸内環境の乱れ、便秘などから舌苔が出来ている場合ははちみつで根本解決も可能です。

 

●どんなふうに摂取すればいいの?

舌苔対策としてはちみつの摂取方法に特に決まりはありません。ただ、はちみつの成分が舌にしっかりとついていると効果が増します。

そのことから、はちみつ入りの飴玉は舌苔対策にはおすすめです。できるだけはちみつ成分が多いものを選びましょう。

ただ、カロリーが高いので気を付けてください。

 

舌苔対策にはちみつは有効です。タンパク質の除去、グルコン酸による腸内環境調整という2つの役割があります。

摂取するには舌への滞留時間が長いという意味で飴玉での摂取がおすすめです。

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔内に関する記事

親知らずを抜いたら知覚過敏になった?!虫歯以外の可能性はあるの?知覚過敏と虫歯の違いとは

よく親知らずの歯を抜いたら、奥歯がしみるようになってしまったという相...


唾液腺炎の種類と原因、症状と診断。ウィルス性の唾液腺炎はおたふく風邪!間違えやすい唾液管末端拡張症

  ■唾液腺炎とは要するに口腔内にある唾液を分泌する唾液腺で起こる炎症ですが、...

ドライマウスの予防法-唾液分泌マッサージとは?-「市販の口腔湿潤ジェル」の選び方について

  今回は簡単にできるドライマウス予防のマッサージをご紹介します!!  ...

カラダノートひろば

口腔内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る