カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 舌苔 >
  5. きれいにしすぎるのは危険!?舌表面の舌苔と口臭の関係…正しいケアの仕方とは?

気になる病気・症状

きれいにしすぎるのは危険!?舌表面の舌苔と口臭の関係…正しいケアの仕方とは?

 

鏡を用意してください。あっかんベーっと舌を出してみてください。舌は何色ですか?

おそらくきれいなピンク色という人は少ないと思います。少なからずちょっと白っぽい感じがしませんか?

それが舌の苔(こけ)と書いて舌苔(ぜったい)というものです。

 

舌苔とは?

舌の表面についている汚れのことをいいます。

実は舌の表面はつるつるしているわけではなく、細かな突起があります(舌乳頭といいます)。そこに食べかすや、口の中から剥がれ落ちた粘膜などの汚れが付着します。

このように舌苔は細菌の温床のため、色々な口腔内のトラブルを招く恐れがあります。

その中でも気になるのが口臭です。確かに舌苔が多いことは口臭の原因にもなります。では毎日舌苔を除去して、きれいにすればよいのでしょうか?

 

きれいにしすぎるのも危険?

前述したとおり、きれいなピンク色の舌になれば口臭は避けられるのでしょうか?

いえ、そういうわけでもありません。

確かに舌苔は口臭の原因になりますが、本来は唾液が浄化をしてくれます。ですがドライマウスの人などは唾液量が少なく、舌苔の細菌を浄化できなくなってしまいます。そのため口臭がきつくなるのです。

では大元の舌苔をきれいに取り除いてしまえばいいと思ってしまいますが、とり過ぎは危険です。というのも、舌苔をとすぎることにより、さらに唾液の分泌を減らしてしまうからです。

そのためさらに細菌が繁殖し、口臭をきつくさせてしまいます。

※舌苔がまったくないピンク色の舌は舌に熱をもったり味覚障害を起こす危険があります。

 

舌苔のケアの仕方

とらなくてもとりすぎてもダメな舌苔はケアの仕方が重要です。第一に無理に力を入れてこすりすぎないということです。

 

・舌ケア専用ブラシを使う

市販もされていますし、歯科医院でも販売されています。数回なでる程度に使用しましょう。

 

・舌を上あごにこすりつける

舌を上あごにこすりつけ表面を磨きます。

 

また、舌苔を増やして口臭などのトラブルを起こさないためにも、唾液を増やすことが大切です。水分を多く取ったり、咀嚼回数を増やし、唾液分泌を促したりすることを心がけましょう。

 

とらなくてもとりすぎてもダメというのは難しい気もしますが、正しいケアを行い、口腔内を環境を整えましょう。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

舌苔に関する記事

舌ブラシの正しい使い方を覚えよう!

舌の表面に溜まり、口臭の原因ともなっているのが舌苔です。舌苔は白く、ピンクの舌...

舌に付着する舌苔がつきやすい人・落ちにくい人に!パイナップルの酵素の力で対策しよう

  舌の表面の白い舌苔(ぜったい)は、誰にでもあるものですが、つきやすい人と、...


舌の表面に付着する舌苔…舌苔の除去をする時の判断基準はこの3つを参考に!

  舌表面の白い付着物は口臭の原因になります。そう聞くと気にしすぎて、とりすぎ...

舌苔(ぜったい)対策にははちみつが有効!

  口臭の原因ともなるのが舌にできた白い苔状のもの、舌苔です。舌苔除去は口臭対...

カラダノートひろば

舌苔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る