カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 咽頭 >
  4. 嚥下障害 >
  5. 嚥下障害がある人の服薬は難しい…どんな工夫の仕方がある?どんな点に注意すればいい?

気になる病気・症状

嚥下障害がある人の服薬は難しい…どんな工夫の仕方がある?どんな点に注意すればいい?

 

高齢になると「嚥下困難」と「服薬の必要」があり、嚥下困難によって服薬が難しくなることがあります。

だからといって「嚥下困難だから薬を飲めません」というわけにもいきません。

では水分をうまく取ることができない嚥下障害の患者さんの薬の服用はどうすればよいのでしょうか?

 

オススメの薬の服用方法

本来薬は水で流すのが良いのですが、嚥下障害を持っている方には難しいのが現状です。ではどのような飲み方をするのが良いのでしょうか?

 

・ゼリーなどと一緒に

ゼリーや、プリンなどの喉ごしの良いものと一緒に服用します。

 

・とろみをつけて

水にとろみをつけて薬を服用します。片栗粉などでとろみをつけるのもいいですし、市販されているとろみ剤を使用するのもオススメです。

 

・食事と一緒に

おかゆなどに混ぜて服用します。

※薬によっては食事と一緒に服用すると吸収が悪くなるものもありますので、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

・オブラートに包む

飲みにくい粉薬はオブラートに包んで服用します。

※嚥下障害が軽度の場合で、水分をふくんでもむせたりしない方のみの方法です。

※苦味健胃薬はオブラートで包んではいけません。オブラートに包まれたままになって体内で作用しない可能性があるためです。

 

また、嚥下障害がある場合に適している薬の形状は以下のようなものがあります。

・小さめの錠剤

・座薬、貼付剤

・吸入剤などの飲み込むことが不必要なもの

・口腔内崩壊剤、ドライシロップ剤 

 などが上げられます。

 

飲むときの体勢

薬を飲むときには体勢にも気をつけなければなりません。間違った姿勢で薬や食事をすると飲み込みにくかったり、嚥下障害が悪化することもあります。

 

椅子に座った状態

1. 椅子の背もたれと体の間に隙間ができないくらいに深く腰をかけます。

2. 足をきちんと床につける。床に付かずにぶらぶらしている場合は、踏み台などを利用してみて下さい。

    

ベッドに寝た状態

1.  ベッドは30度くらいまで上げる。

2. 頭の下には(首まで)クッションや枕を入れる。頭が反り返ると飲み込みにくいのでちょっと頸部から前傾姿勢になるくらいが望ましいです。。

3. 膝の下にもクッションを入れる。そうすることで体が安定します。

 

 

胃食道逆流が起こりやすいので、薬を服用した後30分は体を横にしないことが望ましいです。体を起こすことができない人は、そのまま30度の傾斜を保つようにしてください。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

嚥下障害に関する記事

高齢者に多い嚥下障害…こんな症状が出たら無理に食べさせないで、一度医師へ相談を!

  最近、おじいちゃんやおばあちゃんの食事に変化はないでしょうか?年のせいだと...

筋力低下など…摂食嚥下障害の原因!いま注目のサルコペニアって何?

サルコペニアという言葉を聞いたことはありますか?最近、「メタボより怖い」など...


嚥下障害のある人は口腔ケアがとっても大切!健診を受けることとケアの重要性を知ろう!

  寝たきりの嚥下困難患者の場合、口腔ケアが非常に重要であるということを知って...

摂食嚥下障害の方に対する食事の工夫~家族ができる無理をしない食事の工夫~

家族と一緒に食卓を囲んで食事を取りたい。しかし、摂食嚥下障害で家族と同じ料理...

カラダノートひろば

嚥下障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る