カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 咽頭 >
  4. アデノイド >
  5. こんな場合はアデノイド肥大が疑われる!アデノイド肥大って、子どもにどんな危険があるの?

気になる病気・症状

こんな場合はアデノイド肥大が疑われる!アデノイド肥大って、子どもにどんな危険があるの?

 

喉の奥が腫れるというのは、一見大したことがないようですが、子どもの成長に大きく影響するのです。

アデノイドという場所は、鼻の突き当りの部分であり、鼻からのどの移行するまさにその部分であるリンパ組織のかたまりを指します。

このアデノイドが様々な原因で大きくなり、その周辺組織に影響した様々な症状を起こすのがアデノイド肥大という病気です。

 

こんな場合はアデノイド肥大が疑われる!

アデノイド肥大の症状というのは実に様々です。そのためただの不調と考え、病気に気づけないこともしばしばあります。

・口をあけて口呼吸をしている

・口をポカンとあけてボーっとしている

・いびきがひどい

・睡眠中に無呼吸の症状が見られる

・滲出性中耳炎が治りにくい

・鼻づまり・鼻声がひどい

 

こんな危険が潜むアデノイド肥大

上記のような症状が出るということは、呼吸困難などを生じ、哺乳がうまくできない状態になるということでもあります。

 

・成長障害が起こることも

ミルクが十分に飲み込めず、栄養障害になることもあります。十分に栄養を摂取できないということは、成長にも影響するということであり、成長障害が起こることもあるのです。そのため総じてアデノイド肥大を生じている子は、体格が小さい印象があるようです。

 

・学習障害が起こることも

成長障害の延長で、学習障害が起こることもあります。さらにしっかりとした睡眠がとれないということ、十分な呼吸によって酸素を体の中に取り入れられないということによっても、学習に困難が生じることもあります。

 

・脳や心臓へのダメージが起こることも

酸素が十分にとりいれられない状態が長く続けば、体が必要とする酸素の量よりも、入ってくる酸素の量が足りなくなり、脳にダメージが起こることもあります。

また、心臓にも負担がかかり、心不全や肺高血圧症などの重篤な合併症を引き起こすこともあります。

 

アデノイド自体は成長とともに小さくなっていくものです。しかし成長に障害が生じるのならば、手術などで切除治療することもできます。

手術は年齢や症状を合わせて決められますが、切除後に劇的に回復するケースも多く、よく相談した上で手術を決断することが求められます。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アデノイドに関する記事

アデノイド切除手術と入院期間・合併症

  アデノイドは鼻の近くにある組織のひとつで、5歳くらいでもっとも大きくなり、...

喉の奥のアデノイドが肥大することから起こる「アデノイド顔貌」…これってどんな顔?

  アデノイドという喉の奥の場所が腫れ、それを放置すると、顔の形に影響が出てる...


アデノイドを予防する方法とは

  アデノイドの肥大は日常生活に問題を引き起こす場合とそうでない場合があります...

アデノイド肥大が引き起こす「口呼吸」…口呼吸は放っておかないで早めに治してあげましょう!

  アデノイドという場所の腫れは、口呼吸を作り出します。この口呼吸は実は非常に...

カラダノートひろば

アデノイドの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る