カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 上の子への対応 >
  5. 【妊娠体験談】切迫流産になってしまいました

妊娠・出産

【妊娠体験談】切迫流産になってしまいました

 

初めての妊娠は切迫流産で残念な結果になりました。

初期流産の原因の大半は赤ちゃんの細胞が弱いことが原因なのだそうですが、何かいけないことはなかったかと自分を責め、とても落ち込みました。

すると実は私も…と、周囲の人からたくさんの経験談を聞き、

実は流産はとても多いことなのだと驚きました。



切迫流産でも止血剤を飲んで仕事をして無事出産した人もいました

入院をして、絶対安静でマタニティ期間をほとんど病院で過ごして出産された人もいました。

そうして生まれた赤ちゃんはみな無事元気に成長しています。





一方で、初期・中期・終期に関わらず流産している人も結構たくさんいました。

予防接種に行った内科医の先生にも、最初の妊娠は流産しやすい傾向もあるから、気を落とさないで頑張ってと言われました。

流産後は妊娠率が高くなるとも言われ、慰めにはなりましたが後悔は消えませんでした。



妊娠=出産 だと思い込んでいて、自分の認識が甘かったことが最後まで悔やまれました。



安静にと指示されたのですが、安静の意味が、ずうっと横になっていることだと知らず、お医者さんからの指示は自分で勝手に都合のいいように解釈して、仕事を休むのに罪悪感もあってデスクワークだからと仕事を続けていました。

家事なども重いものをもたいないからと今から思えば普通過ぎる生活を送っていたと思います。

妊娠は病気じゃないから大切にし過ぎても悪いだろうと思っていたのですが、普通でもないことなので大切にし過ぎて過ぎることはないのだと思います。

次に赤ちゃんをお迎えしたら、

後悔のないようにできる限りのことをしようと思います。

 

 

(Photo by [//www.photo-ac.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

上の子への対応に関する記事

妊娠中、上の子がお腹に乗ってしまった!どんな症状が出たら病院に行くべき?

二人目以降を妊娠すると、どうしても心配になるのが上の子への対応です。 赤ちゃん...

つわりの時、上の子への対応はどうしたらよいの?

    つわりの時、上の子への対応はどうしたらよいの?      ...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

上の子への対応の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る