カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 産後の骨盤の状態をよく知ろう! 骨盤を元に戻すために【後編】

妊娠・出産

産後の骨盤の状態をよく知ろう! 骨盤を元に戻すために【後編】

後編では、早期に骨盤を管理することによるメリットなどについてご紹介します。

 

前編はこちら!→産後の骨盤の状態をよく知ろう! 骨盤を元に戻すために【前編】

 

早期に骨盤部を締めることは、単に骨盤を元の位置に戻す為だけではなく、子宮の戻りや悪露の期間にも影響があるそうです。

お産で開ききってしまった骨盤が辛い腰痛にならないように支えると言った役割もあります。

 

さらしなどを強い力で巻くため、最初は窮屈に感じたりするかもしれませんが、巻いている時とそうでない時を比較すると、巻いている時の方が、腰が安定していて赤ちゃんのお世話がしやすいと言うママが多いようです。

 

 

お産後に骨盤が元に戻ろうとして動きやすい期間は、諸説ありますが、生後半年頃までと言われることが多いようです。

 

どれくらいの強さで締め付けたら良いの?

あまりに締め付けがきつ過ぎて、赤ちゃんのお世話が辛くなってしまう程では少々やり過ぎかと思いますが、次のお産に向けてきちんと骨盤の位置を整えておくことや、数年後に腰痛などの症状にみまわれない為にも、産後の骨盤管理は重要です。

また、最近では産後ガードルなどで、骨盤部以外も強く締め付ける下着類も多く出回っているようですが、筆者がお世話になった助産師さんによると、あまり色々な部分を締め付け過ぎると体の血流やリンパの流れが悪くなってしまい、母乳の出が悪くなってしまうこともあるので気をつけた方が良いと仰っていました。

 

妊娠中だけでなく、出産後やその後の腰痛の時など、長期を通して使える骨盤支持ベルトなど、便利なものもあるようなので、助産師さんや・先輩ママさんなど、詳しい方から色々な情報を教えてもらうと良いかもしれませんね。

 

(Photo by: http://www.irasutoya.com/2013/11/blog-post_4158.html)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

帝王切開後の痛み!自然分娩とどっちが痛い?

      自然分娩では難しいと医師が判断した場合は、帝王切開での出産とな...

産後、退院後の高熱…原因は乳腺炎?

産褥期は、心身ともにとても不安定な時期。無理は禁物です!!家族に頼って、できる...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る