カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パニック >
  4. パニック障害でも結婚がしたい…パートナーとうまくやっていくコツとは?

メンタル

パニック障害でも結婚がしたい…パートナーとうまくやっていくコツとは?

 

精神的な疾患や身体的な疾患があっても、結婚したり子どもを産んだりしたいと考える方は少なくはありません。

人ごみや特定の場所で恐怖からの発作を起こしてしまうパニック障害の方が結婚を考えた時に、パートナーと上手くやっていくためのコツをいくつか紹介します。

 

●何が出来るか、出来ないか

パニック障害で現状は出来ないこと、というのはいくつかあると考えられます。

例えば電車はこの時間帯なら大丈夫だけどこの時間帯なら大変、映画館は平気だけど遊園地はダメ、といった具合です。

何が出来るのか、何が出来ないのかは自分の中ではわかっていても相手にはわからないことだらけです。

ですので自分は何が出来て何が難しいのか、それを伝える努力は欠かせません。

 

●病気を悲観しない

病気と付き合っていくのは大変な面もありますし、そこでパートナーが助けになってくれることもあります。

ただし、病気のことについてパートナーに依存しすぎない、悲観的なことばかりを口にするのは止めておいた方がよいです。

パニック障害であってもその他の精神的・身体的な病であっても、病気を悲観しすぎることはパートナーに負担を与えてしまいます。

 

●仕事については行動前に相談を

パニック障害の影響があるので仕事をフレキシブルに調整したい、今後パニック障害がよくなってきたら働くなどの時は、考え付いた時点でパートナーに相談することをおすすめします。

パニック障害では仕事に影響が出ることも多いですが、勝手に行動しては信頼感が損なわれます。考え付いたときに、手続きを始める前に必ず相談しましょう。

 

パニック障害の方が結婚するときに、特に重要視したいのはパートナーと信頼関係を築きつつ、自分の苦手なことを理解してもらうことです。

パニック障害であっても少し工夫をすれば幸せな結婚をすることももちろん可能です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/04/11/22/36/wedding-322034_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パニックに関する記事

パニック障害の新しい治療法!オーソモレキュラー療法とは?

一般的なパニック障害の治療法といえば、心理療法(認知行動療法)と薬物療法です...

精神的な不安が引き金!?過換気症候群

過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)とは精神的な不安などが引き金となって引き起...


パニック障害の治療には漢方薬も効果的?!パニック障害の薬物治療

パニック障害の薬物治療では、精神安定剤や抗うつ剤などを用います。また、漢方で...

パニック障害の人はうつ病になりやすい?!パニック障害で併発する症状・疾患

パニック障害そのものの症状ではありませんが、パニック障害の人が併発しやすい症...

カラダノートひろば

パニックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る