カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 通院・治療 >
  5. パニック障害患者が妊娠中に知っておきたい、3つのこと

妊娠・出産

パニック障害患者が妊娠中に知っておきたい、3つのこと

 

いつも通りに過ごしているのに突然ひどい不安に襲われ、めまいや息苦しさで立っているのもやっとになる…というのがパニック障害の症状であるパニック発作です。

パニック発作は30分以内に消えるとされていますが、恐怖感はひどく、発作を起こした場所に近づけない患者も多いです。

そんなパニック障害の患者が、妊娠したときに知っておきたい3つのことをまとめてみました。

 

1.不安になりすぎない

赤ちゃんはお母さんの体の影響を受けやすいです。お母さんが摂取したものは赤ちゃんの体を作るので、妊娠中は食事などに気をつけるように言われます。

もちろん精神的な影響も受けやすいので、赤ちゃんにすくすくと育ってもらうためには、お母さんが不安になりすぎないことは重要です。

曝露療法など、精神的な負担の大きい治療法は一時的に少なくする、軽めにするといった工夫も医師と話し合ってみてください。

 

2.パニック障害に理解のある産院を

残念ながら、すべての産院(産婦人科含む)でパニック障害を理解してくれるわけではありません。

パニック障害とほかの精神疾患の区別がついていなかったり、パニック発作が起きた場合の対処に詳しくない産院や産婦人科もあります。

ですので、妊娠がわかって出産する病院や産院を選ぶ場合には、パニック障害を理解してくれるところ・パニック障害を持つ妊婦の受け入れが過去にもあるところを選びましょう。

 

3.サポートしてくれる人に頼る

パニック障害を持ちながらの妊娠・出産は成功例が非常に多いですが、周囲のサポートが全く必要ないというわけではありません。

むしろ、適切なサポートがあるからこそ、パニック障害があっても妊娠・出産が上手く行ったと言っても過言ではないのです。

旦那様はもちろん、実家に頼ることを考えてみてもよいでしょう。

 

パニック障害を理解してくれる家族のサポート、産院や産婦人科での適切なサポートなどを受けて、ストレスのかかりすぎない生活を送ってみてください。

特に胎児の様子を知るうえで、薬の影響や胎児の状態を教えてくれる産婦人科の理解と協力は欠かせません。

 

(Photo by: [http://pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/29/12/14/baby-18966_640.jpg])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

通院・治療に関する記事

妊娠中のSSRI薬「パキシル」服用は、2.5倍胎児の先天性欠損症を高める?

比較的新しい抗うつ剤であるSSRIは、従来の三環系や四環系抗うつ剤に比べ、副...

妊娠中の歯科治療は期間限定で受けることが可能!

妊娠中は一般的な風邪薬のような薬でさえ、服薬の自己判断はNGです。 胎児へ...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

通院・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る