カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 分裂病質人格障害の4つのタイプを具体的に見てみよう!

メンタル

分裂病質人格障害の4つのタイプを具体的に見てみよう!

 

あまりにも他人に興味がない、1人でいるのが好きなどといった傾向が強すぎる場合は、分裂病質人格障害の可能性があります。

ここでは、アメリカのハーバード大学医学大学院精神科名誉教授などの経歴も持つ、心理学者・セオドア・ミロン氏の研究による、『分裂病質人格障害の4つのタイプ』を紹介します。

 

1.うつ病との関連が深いタイプ

セオドア・ミロンが研究した『分裂病質人格障害の4タイプ』には、うつ病との関わりが深いタイプがいます。

他者とコミュニケーションをとらない点は一般的な分裂病質人格障害ですが、慢性的な疲労感や無気力もあります。

何をするにも疲れるからいいや、となったり、意欲がない状態が快適なタイプです。

 

2.社交辞令が出来る対人関係欠乏タイプ

うつ病との関連が深いタイプとは違い、社交辞令や簡単なあいさつなどは出来るのが、対人関係欠乏タイプの分裂病質人格障害です。

4タイプのうちでは社会適応がもっともしやすいタイプですが、他者への不信感や自尊心の低さはあります。

そのため、心理的にグッと近づいた人間関係(友達や恋人)をまったく築かないことが多いです。

 

3.離人症のようなタイプ

うつ病関連タイプと似ており、気力があまりないように見えますが、その中身は大きく違います。

うつ病関連タイプでは『自分』というものはそこにあり、現実感があります。

一方で離人症のようなタイプでは、自分自身があいまいでここが夢なのだか現実なのだかよくわかっていない状態です。

一般的には『浮世離れした人』『後先を考えない人』などとみられがちですが、本人は夢のような中で快適に過ごしています。

 

4.感情鈍磨タイプ

離人症タイプ、うつ病関連タイプとは違って、『他者とコミュニケーションしにくい自分』を自覚しているのに、うまく行かないタイプが感情鈍磨タイプです。

対人関係欠乏タイプよりも広い意味での対人関係が苦手で、職場の付き合いや近所の付き合いなども含めて、社交辞令などを必要とする対人関係に問題を抱えます。

自分の感情がわからないので感情を伝えることもできず、情緒的な関係性はほぼ皆無です。

 

分裂病質人格障害では他者とのコミュニケーションに問題がある点、他者への無関心など共通の特徴も見られます。

ただし、病識や社会適応度はタイプによって少しずつ違うのです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/01-373462.php?category=406])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

情緒不安定性人格障害で不安定になる『アイデンティティ』って何だろう?

  情緒不安定性人格障害は、感情のコントロールが出来ないことで対人関係が著しく...

統合失調症でないのに統合失調症の症状の出る人格障害、分裂病質人格障害って?

  鈍感な人と言うのはその人の個性として使われることが多い言葉ですが、その鈍感...


境界性人格障害と情緒不安定性人格障害の違いって?

  人格障害にもいろいろと種類がありますし、病気の内容が似たものもあります。 ...

感覚が鈍感になる統合失調症質人格障害…どのような症状が出るの?回避性人格障害との違いとは?

  人格障害という精神疾患の中に統合失調質人格障害という人格障害があります。以...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る