カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. いた~いこむら返り!ふくらはぎ・足の裏・すねがつった時の治療や対処法!

気になる病気・症状

いた~いこむら返り!ふくらはぎ・足の裏・すねがつった時の治療や対処法!

寝ているときや、めったにしない運動をしたあとなどに、急におそってくる「こむら返り」。

 

つった部分は非常に収縮しています。

とても痛いので、その瞬間は、どうしたらいいのか混乱することもありますよね?

 

すぐに元に戻してあげることで、痛みが残りにくくなります。

そのなおし方を、頭に入れておきましょう!

 

●ふくらはぎがつった

ふくらはぎがつった場合は、床に足を伸ばして座り、つっているほうの足の膝があまり曲がらないよう手で軽くおさえながら、足の指先をつかんで手前に引き寄せます。

親指だけでもいいでしょう。

 

かかとは突き出し、指先は頭の方へ引き寄せるようなイメージでふくらはぎを伸ばすと効果的です。

 

自分でできない場合は、その場にいる家族などに伸ばしてもらうとよいでしょう。

筋を痛めないよう、ゆっくりと伸ばすようにしましょう。

 

●足の裏がつった

足の裏がつると、つったほうの親指がぐーっと丸まってしまっていると思います。

それを広げるように指をつかんで、少しずつゆっくりと伸ばすようにしましょう。

 

●すねがつった

頻度は高くないかもしれませんが、足の「すね」がつることもあります。

 その場合は、足の指先を伸ばしつま先立ちのようにしてつっている部分を伸ばします。

この場合も、ゆっくり伸ばすようにしましょう。

 

つった部分を伸ばすことが一番です。

どの場合もゆっくり伸ばすというのがポイントです。

 

焦って力いっぱい伸ばしてしまうと、今度は別の部分がつってしまうこともあります。

 

足がつる時は、筋肉が冷えたり疲労していることが多いようです。

 

伸ばした後は、ホットタオルで患部をあたためたり優しくマッサージするなどのケアをするとよいでしょう。

 

また、頻繁に足がつるようであれば何か病気である可能性もありますので、そちらの治療をすることが根本的な解決になるでしょう。

 

こむら返りに効く!覚えておきたい!とっさのツボ治療!

こむら返りが外出時に起こってしまった!これから大事な用事があるのに、どうしよう…。こむら返りは、過度な緊張がかかったときや、過度の運動によってふくらはぎに筋肉疲労がかかった際に発症する、と言われています。

 

「今から急な用事が入った、急がなければいけないのに、足がつってしまった。」

 

「立ち仕事で、棚にある物を取ろうと爪先立ちになった瞬間、こむら返りになってしまった。」

 

こういった場面は良くあると思います。こむら返りが頻繁に起こる人にとっては、即効性があり、どこでもできて、良く効く方法が必要であると思います。今回は、外出時でも瞬時に行える体の「ツボ」を使用した応急処置法をご紹介したいと思います。

 

ツボによる応急処置法

こむら返りのツボ治療は基本的に、『ふくらはぎ』と『すね』に存在するツボを中心に押して行きます。

以下の3点のツボを、落ち着いてフーッと息を吐きながら押すと、効果が良く感じられます。

 

<ふくらはぎのツボ>

1. 委中(いちゅう)…特効性のあるツボ。

足の痛み、痺れ、ひざの痛み、腰の痛みなどに効果がある

・位置-ひざ裏の関節の真ん中

・刺激法-さする程度の弱い指圧でよい。刺激を好む人は、足を伸ばして中指でゆるくひと押しする。10秒~1分を数回、繰り返す。

 

2.承筋(しょうきん)…こむら返りがやや治まってきたら押すツボ。

足の筋肉にたまる老廃物の蓄積を防ぐ。むくみ予防、腰痛による腰からひざ裏にかけての痛みなどに効果がある。

・位置-かかととひざを脚後ろ側で結んだ線上に位置する、ふくらはぎの最も盛り上がった中央部

・ 刺激法-両手の親指の腹でゆっくりと揉むように押す。10秒~1分を数回行う。

 

<すねのツボ>

1. 足三里(あしさんり)…こむら返りの原因がどの部位か不明なときに押すツボ。

足の疲労、腰痛の改善、下半身疲労全般に効果がある。

・ツボの位置…すねの骨の外側、筋肉が盛り上がっていて、少しくぼんでいるところ。

・ツボの刺激法…10秒~1分を数回、親指でグッと強めに指圧する。

 

2.太衝(たいしょう)

足の痛み、足先の冷え、泌尿器や生殖器の不調、精神的な症状などに効果がある

・ツボの位置…足の親指と人さし指の間の筋で、親指側の骨が出っ張っているのに水平な位置

・ツボの刺激法…10秒~1分を数回、人さし指や親指で指圧する

 

最後に・・・

いかがでしたか?

ツボ治療は簡単に出来て、即効性もあるので応急処置としては非常に効果的です。

また、日頃からこれらのツボを指圧することによって、血流改善にも繋がり、こむら返りが起きにくくなります。辛いこむら返りを解消していきましょう!

 

「足がつる」のを治す薬にはどんなものがある?湿布はきくの?

足がつると痛くて嫌なものですが、たまにであれば治った後は特に気にしないでしょう。しかし何かの病気の症状としてよく足がつることに悩まされている人であれば、何らかの対策法を用意しておきたいと考えるかもしれません。対応できる薬にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

■足がつった後の症状をやわらげる薬 

足がつった時に、その痛みや痙攣をやわらげるために飲む薬があります。薬局でも数種類販売されており、多くは「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」という漢方薬の成分が含まれています。これはこむら返りのような急な筋肉の痙攣をともなう痛みの症状に効くものですので、足がつった時だけでなく脇腹がつったときや腰痛などにも効果があります。ただ、事前に足がつるのを防ぐのではなく、あくまでつってから服用するものです。薬を飲むほど強い痛みが持続するケースは少ないのでは・・・とも思いますが、後に残る痛みがひどい場合には有効でしょう。ただ、副作用もまれにありますので、その辺りも考慮して用いるようにしたいものです。

 

■湿布は効くの?

急な痛みには湿布を貼るといいのでは、と考えるかもしれませんが足がつった時には適切ではありません。炎症をともなう痛みであれば湿布でいいのですが、足がつった時の痛みは筋肉の強い収縮によるものです。冷えが足がつる原因になることも多々ありますので、湿布を貼ることで一時的に痛みの感覚をやわらげても筋肉を余計冷やしてしまい逆効果になる場合もあります。温めたりマッサージをして血行をよくすることが患部の治癒を早めることにつながります。

 

他にも、糖尿病が原因で足がつりやすくなっているという人は末梢神経に障害が出ていますので、それに対応した薬を用いることになるでしょう。よく足がつるけど病院に行っていないという人は一度みてもらうと良いでしょう。

強い痛みが残って歩くのもつらいけど病院に行くほどでも・・・という場合は市販の飲み薬を試してみるのも良いでしょう。持病がある場合は服用ができないこともありますので、用法用量をよく守って飲むようにしましょう。

 

足がつった!こむら返りになってしまった時の治し方の流れとは?

足がつるというのはとても痛く、足の指が変な角度に引き攣れていたりして一瞬パニックになりますね。落ち着いてゆっくり対処すれば大丈夫ですが、どのような治し方が効果的なのでしょうか。ゆっくり伸ばすというのが基本ですが、その後のケアも忘れないようにしましょう。

 

まずはゆっくり伸ばして・・・

足がつったらまずは筋肉が収縮している部分を伸ばすようにしましょう。強く伸ばしたり反動をつけたりせずに、ゆっくり行います。伸ばそうとすると固く、痛みを感じることがありますが、徐々に伸ばして行けば次第に楽になるでしょう。

 

患部は冷やす?温める?

伸ばして元に戻したあとも痛みが残る場合があります。「冷やすように」という話と「温めた方が良い」という意見があります。どちらがいいのか混乱してしまいますが、冷やすと効果があるのは炎症が起きている場合であり、足がつるのは炎症とは異なるため冷やすのは適切ではないとも言われています。足がつるというのは、足が冷えるなどして血流が悪くなると起きやすくなりますので、温めてあげるのがいいようです。

 

マッサージやツボ押しも効果的

さらに血流をよくするためにマッサージをすると良いでしょう。太もものあたりからはじめて下にむかって筋肉を軽く圧迫するようにマッサージしましょう。また、こむら返りに効くものとして、ふくらはぎにある「承筋」というツボを押す方法もあります。場所はふくらはぎで一番盛り上がっている部分の中央辺りです。痛みがおさまってきたあとに、親指の腹でぐーっと数十秒押しては離す、というのを数回繰り返します。血行を良くしたり老廃物の排出を促す効果があります。

 

のばしたあとは、温めながらマッサージをしたりツボを押したりして血行をよくするケアをします。足の筋肉が疲労している場合もありますので、ゆっくり休めるようにするとよいでしょう。

 

こむら返りを予防する~テーピング編

外出時に突然こむら返りになると、座ってゆっくり治せる場所もなく困ったという経験はありませんか?

頻繁にこむら返りになるという方に、今回は、テーピングを巻くことによってできる予防法をご紹介したいと思います。

 

<準備するもの>

・セラポアテープ、キネシオテープ等(50mm幅)

・はさみ

 

<貼り方>

工程は、2段階あります。

 

その1:アキレス腱とふくらはぎのサポート

1. テープはカットせずに、かかとから膝裏までの長さを測り、切ります。

2. テープを縦にした上部と下部を、それぞれふくらはぎとかかとの出っ張りに合わせて途中まで縦に2本に裂きます。(かかとは約3cmの切れ込み、ふくらはぎはつま先立ちしたときに出っ張る下部を目安に切る)

3. かかとから徐々に上部へ密着させながら引っ張りつつ貼っていく。

(特にアキレス腱を圧迫密着させながら)

 

その2:足首とふくらはぎのサポート

1. テープはカットせず、足の裏~足の甲~足首の側面~ふくらはぎの横側までをらせん状に巻きながら、長さを測り、切ります。(右巻き・左巻き2枚分取ってください)

2. 足の裏~足の甲へと貼り付けます。

3. 足の甲~ふくらはぎへと巻きつけます。(ふくらはぎの横側で止めます)

4. 逆からも同じように張り、左右対称にします。

 

最後に・・・

初めてテーピングを張るときは苦戦するかもしれませんので、難しいようであれば、誰かに片側を押さえてもらうなど手伝ってもらうようにすると良いと思います。

 

テーピングの際には、固定する形を意識し、テーピングを巻いている途中に、足の角度などを変えないように注意しましょう。

 

テーピングの貼り方は、一種類覚えたからその症状にだけでなく、色んな症状に応用が利きます。テーピングを始められる方は、基本的な張り方を覚えておいて損はしないと思います。

 

こむら返りの予防法に☆就寝前のストレッチ編 ★図解イラストあり

 こむら返りの起こりやすい環境として、過度の運動を行った後や、睡眠中に起こることが多いと言われています。

 

運動は適度に行えば良い話だけど、睡眠中になるのは仕方がない…とお悩みの方にご紹介したい方法があります。

 

就寝前の5分で出来るストレッチで、睡眠中のこむら返りを予防することが出来ます。その方法の前に少し、こむら返りの原因についてご説明しておきたいと思います。

 

こむら返りの原因

こむら返りは主に次の3つの原因によって発症します。

 

1. 過度の運動やふくらはぎの筋肉疲労

(血中酸素の不足や、乳酸が蓄積することによって、筋肉が硬く伸縮性のない状態になってしまう。それに付随してこむら返りが発症)

 

2. 水分不足・電解質不足

(大量に発汗することで、電解質を失い、筋肉収縮の神経伝達が上手く行かなくなる)

 

3. ストレスなどによる緊張

(ストレスによって、大脳の運動中枢が興奮を起こし、筋肉の収縮が上手く行かなくなる)

 

ここでは、1の筋肉疲労によるものについて取り上げます。

 

睡眠中というのは、血流が低下し神経伝達の感度も鈍くなっています。

そこに日中の疲労によって刺激状態に置かれたセンサーに、余分な負荷が掛かると、センサーが過剰に反応し、異常な収縮をもたらします。これがこむら返りです。

 

では次はストレッチ方法に関してご紹介したいと思います。

 

簡単ふくらはぎストレッチ方法

ふくらはぎのストレッチを2種類ご紹介します

 

・前傾姿勢でのアキレス腱伸ばし

1. ストレッチしたい方の脚を前に出し、そのつま先を手で持って、後ろ脚をやや曲げる

2.上半身は前傾姿勢になり、重心は前を意識したままで、徐々に後ろに負荷をかけていく

3.痛気持ちいいと感じる点で、5秒キープして、ゆっくり戻します。これを左右2~3回づつ行います。

 

・かかと上下運動

1. 厚めのスリッパや雑誌を数冊重ねたような高さに、かかとでつま先立ちした状態で乗る。

2. やや前に重心をかけた状態で上下にゆっくりかかとを上げ下げする。(出来る限りゆっくり、限界までかかとを高く、低く)これを往復5回×2~3セット行う。

 

最後に

いかがでしたか?

非常に簡単なストレッチですが、これを就寝前に3分程度行うだけでも改善されると思います。また、足が冷えやすい方にとっては、ふくらはぎの筋肉を動かすことによって、血行が良くなり温まりやすくなりますので、冷え改善にもおススメです。

 

お手軽なストレッチ法で、より質の高い睡眠を確保しましょう!

(Photo by: http://www.ashinari.com/2013/01/31-375845.php )

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手・足に関する記事

治療には時間がかかります!爪の水虫 その治療方法や治療薬について

爪水虫は通常の水虫が進行した結果罹患する、末期の水虫症状です。 爪水虫に罹...

靴擦れを我慢して放っておいてないですか?!魚の目ができる仕組みと治療 、その特徴とは

  靴擦れを我慢して放っておくと、魚の目ができる場合があります。魚の目は軽度で...


巻き爪を防止するための正しい爪の切り方とは?巻き爪の症状と予防法は?

生えかわる過程で巻き爪に?爪下血腫から起こる巻き爪の症状と予防 爪の下...

手や足にできるふくらみ~何が違うの?ほかの病気の可能性も?タコ・イボ・魚の目の違いや予防

歩きすぎたり、激しい運動をすると足や手にふくらんだ部分ができてきたりします。...

カラダノートひろば

手・足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る