カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 「鼻副鼻腔がん」?腫れ、痛みや眼球突出・・・鼻のがんが生じやすい場所と起きやすい症状

ガン・悪性腫瘍

「鼻副鼻腔がん」?腫れ、痛みや眼球突出・・・鼻のがんが生じやすい場所と起きやすい症状

鼻のがんは「鼻副鼻腔がん」といい、鼻と4種類の副鼻腔のいずれかにがんができる場合を指します。できる部位や進展する方向によってあらわれる症状も異なってきますが、狭い空間ですので腫瘍が大きくなってくると比較的早期のうちに症状が出ることもあり、気付きやすい場合も多いがんです。

 

 ■副鼻腔は4種類8箇所

副鼻腔は4種類、左右対でありますので全部で8箇所存在します。そのうちどこにできるかによって症状が変わってきますので、まずはそれぞれの位置とがんができやすい場所や症状を確認しておきましょう。

 

・上顎洞(じょうがくどう)

左右の頬骨の奥に位置します。副鼻腔の中でも大きな空洞で、最も膿が溜まりやすく副鼻腔炎になりやすい場所です。がんの発生が最も多い副鼻腔です。鼻水や鼻詰まり、血や膿の混じった鼻水、頬の腫れや痛み、歯痛や歯肉痛、眼球突出、頭痛、口を開けにくい、口蓋に腫瘍ができる、など鼻・目・口周辺の症状が出ます。初期は無症状であることが多いのですが、周囲への浸潤が進むとこれらの症状が出はじめます。

 

・全頭洞(ぜんとうどう)

目の上の鼻寄り、眉頭の奥あたりに位置します。

 

・篩骨洞(しこつどう)

目と目の間に位置します。蜂の巣のような形状をしています。副鼻腔の中で2番目に多くがんがみられる箇所です。血や膿が混じった鼻水、眼球突出、耳の閉塞感や聞こえにくくなるなどの症状が出ます。

 

・蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)

目の奥のほうに位置します。篩骨洞より奥にあります。

 

鼻の症状をはじめ、目・口・耳などに異変が起きてきます。風邪や副鼻腔炎、頭痛などが悪化しただけだと思っていたらがんだった、ということもあります。このような症状があらわれたら早めに病院で検査を受けるようにしましょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/ )

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

がんの痛みの性質は1つじゃない!癌生疼痛の種類と特徴

がんになると様々な苦痛が患者さんをおそいます。不安や恐怖などの精神的苦痛、が...

モルヒネを癌性疼痛に使う?!がん治療に使われる麻薬について

「がん」と言う言葉に驚き、聞きなれない医学用語でショックをうけ、どうも麻薬を...


癌生疼痛には治療が原因のものも!がん治療による口腔内トラブル

  癌生疼痛には、がん細胞に傷つけられることによる痛み、副作用による痛み、...

WHOが定める『3段階の除痛ラダー』とは?

がんの治療において『痛み』の治療も最近では注目されるようになりました。がんの転移...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る