カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後ダイエット >
  5. 日常生活のちょっとしたことでグッと差が出ます!産後の体重管理について

妊娠・出産

日常生活のちょっとしたことでグッと差が出ます!産後の体重管理について

 

『妊娠中に増加してしまった体重を、少しでも元に戻したい・・・』女性であれば、どなたも同じような事を思われることでしょう。しかし、産後間もない時期に、スポーツジムなどに通って体重を落とす・・・なんてことは到底無理なお話ですよね。

 

体重管理

では、日常生活上、ちょっと実践するだけで大きな効果がある、体重管理について書いてみたいと思います。

赤ちゃんの1ヶ月検診が済んで、外気浴の許可が出たら、一緒にお散歩に出かけましょう。歩くことは、誰にでも無理なく出来る手軽なダイエット方法の一つです。

 

外の色々な景色を赤ちゃんが見れば、赤ちゃんにも良い刺激となりますし、ママにとっても良い気分転換になりますね。

また、腰や太腿のあたりを意識しながら歩くだけでもシェイプアップに効果があるようです。足の付け根から、太腿を軽く持ち上げるように歩くようにすると良いでしょう。

 

ベビーカーでも抱っこ紐でもどちらでも良いかと思います。

赤ちゃんのご機嫌がよく、日差しが強すぎたりしない時間帯に、積極的にお散歩にでかけてみてはいかがでしょうか。

 

食事内容を見直してみよう

妊娠・出産前と比べて、産後の食生活はどうなりましたでしょうか。

妊娠中も、カロリーの過剰摂取に気をつけるように等の栄養指導があったかとは思います。

 

『授乳するとすぐにお腹が空いてしまうから・・・』

『夜も起きている事が多いから、ついつい夜中に甘いものを食べてしまって・・・』といった感じに、食生活が乱れてしまっていませんか?

 

「ちょっとだけ・・・」のつもりの甘〜い間食が、産後の肥満につながりかねません。

授乳をすると消化器の動きが活発になり、空腹を感じやすいそうですので、間食はしないほうが良いとまでは言いませんが、間食の内容に気をつけてみましょう。 

 

産後や授乳期では、食生活の注意点がまた少し変わってきますが、基本の【バランスの取れた食事内容】と言う点では変わりがありません。

 

食事制限は避ける

また、産後に体重がなかなか減らないからと言って、食事制限をすることはあまり好ましくありません。

制限をすることによって、カロリーやたんぱく質・ビタミン類などが不足してしまうことによって、産後の母体の回復が遅れてしまったり、母乳中の大切な栄養素が減少してしまう恐れがある為です。

 

かと言って、 カロリーが高すぎたり・糖や脂質が多い食事内容ですと、乳腺炎を起こしやすくなったり、母乳の味が低下すると言われています。 

 

産後や母乳育児中には、【和食中心の食生活】が良いと言われていますが、 和食中心の食事は日本人の体質に一番合っていて、成人病予防などにも良いことは皆さん既知のことかと思います。

ママや赤ちゃんの為だけではなく、パパにも今後の健康の為にも、一度食生活を見直してみると良いかもしれませんね。

(Photo by:http://www.irasutoya.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-11-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後ダイエットに関する記事

産後に開いてしまった骨盤は早めの改善が重要!骨盤によるトラブル

  出産後、10か月間かけてついたお肉やおなか周りの筋肉や皮膚がすぐに元通りと...

授乳すればやせるってほんと?!授乳中の落とし穴とは

「妊娠中に太ったけど、授乳したらやせるよね!」そう思ってはいませんか?たし...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

産後ダイエットの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る