カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 引きこもり >
  4. どんな人が引きこもりになりやすい?引きこもりになりやすい人とその原因

メンタル

どんな人が引きこもりになりやすい?引きこもりになりやすい人とその原因

 

引きこもりを早めに見つけて対処するために、どんな人が引きこもりになりやすいのかを見ていきます。

 

●いい子が怒りを隠す

引きこもりになってしまう理由の一つとも言われるのが、『怒りの抑制』です。

世間的に見ると手がかからない、親の言うことをよく聞くいい子は怒りの出し方をあまり知りません。

怒ることは悪いことだから我慢しなければならないが、外に出るとどうしても怒りや憤りを感じるために引きこもって自分の怒りに対処します。

このことから、感情をあまり表に出さない手のかからない子は、何かのきっかけで引きこもりになる危険性があると言えるでしょう。

 

●特定のトラブルからの引きこもり

学生の引きこもりの原因としてよく見るのは、『いじめ』による引きこもりです。

社会に出てもいじめはありますし、上司とのトラブルなどで引きこもりになる方もいます。

いずれにしても、特定のトラブルから周囲を『怖いもの』として認識して引きこもりになる可能性がある、と考えてください。

もしもお子さんがトラブルに遭っているなら、心の傷が浅いうちにトラブルの原因から引き離す、生活をやり直すことを考えてみましょう。

 

●両親の圧迫感

大人が引きこもっているならそれは本人の責任だという意見もありますが、両親の影響はやはり少なからず存在します。

特に父親の威圧感、母親の神経質な面は子どもが委縮して『外は怖い』とトラブルに遭った時と同じような考えにさせがちです。

夫婦の会話を出来るだけ持って、子どもが何を考えているのか、言うことを聞くいい子というだけではなく、何が好きで何が嫌いな子なのかをよく観察してみてください。

 

引きこもりになりやすい子は表面上はいい子であることが多いので、親御さんもそれほど心配せず育ててきたケースも少なくはありません。

引きこもり初期のうちにトラブルや家庭内の問題を解決して、本人が出てきやすい環境づくりを心がけましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/21/23/30/cry-62326_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

引きこもりに関する記事

引きこもりからの脱出!-家族との関係改善編-

  引きこもりから脱出するためには家族との関係を改善することも欠かせません。 ...

引きこもりは発達段階の一環?引きこもりとどう接すべきか

  近年引きこもりがある種の社会問題として注目されています。 ある調査によれ...


相談機関に協力を得よう 引きこもりがいる家族・引きこもり本人へのアプローチとは

家族の中の誰かが引きこもりになっている場合、その家族が社会的に孤立したり、両親...

引きこもりは二つに分けられます!心の引きこもり・社会的な引きこもり

  引きこもりの状態に至るには様々な要因が関係しています。 感情的な要因や精...

カラダノートひろば

引きこもりの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る