カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 「親離れ子離れ不適応」の姑を持つあなたにおすすめの対処法!対人依存の原因や対処法について

メンタル

「親離れ子離れ不適応」の姑を持つあなたにおすすめの対処法!対人依存の原因や対処法について

パートナーと結婚したときに、相手の親が子離れできていないと、面倒と感じる方もいるかもしれません。大人になっても親離れ・子離れが出来ていない状態は、子どもが親離れする時期に親が子離れできないことで起きるとされています。

 

●姑の息子離れ不適応!?

嫁と姑の関係があまりうまく行かない、という悩みは昔から存在するお決まりの悩みの一つです。

そんな嫁姑関係を悪くさせる原因の一つに、姑の息子離れ不適応の可能性もあります。姑が以下のような行動をよくするのであれば息子離れ不適応を疑ってみてください。

 

・別居しているが毎日のように電話がある

・近距離で、予告なしに夕食などを持って訪れる

・1人で出来る用事でも息子と一緒にやろうとする(車を出して一緒に買い物などが多い)

・嫁のやることには大体文句をつける

 

これらのことにお嫁さんが不満を持っていないなら問題はないのですが、不満を持っているなら早めに解決策を探すべきです。

 

●夫を味方につけるのが最優先

親離れ子離れ不適応の姑を持つ方がまずすべきなのは、夫を完全にこちらの味方につけてしまうことです。親離れ子離れ不適応の親子の場合、子どもは親に見捨てられたくないために親の言うことを聞くという心理があります。

ですが実際のところ、親の言うことを聞かなくても1人で立派に生きていけるのです。いきなり嫁から姑の子離れ問題に対応しようとすると、夫は高確率で姑の味方をするので夫から味方につけてください。

 

・姑が親離れ出来ていない可能性を指摘する

・自分は姑の息子と結婚したのではなく夫というひとりの人格と結婚したことを告げる

・夫自身も姑に振り回されている可能性があると指摘する

・姑に対する理解心は示す

 

●伝え方

いきなり姑の文句から始めると、親離れできていない夫は姑を否定されたと思って妻に心を開きません。

姑の子ども想いな点は褒めながらもやりすぎであることを伝える、姑の人格は褒めながら(家事がうまい、優しいところがある等)ここには問題がある、といったように伝えてみましょう。

 

親離れ子離れ不適応の姑を持つあなたが夫を味方につけたら、次は2人で姑に共同戦線を張ります。仏心を出さず、週に何回と決めたルールは守ってもらうようにします。波風が立たないような嘘をつくのは構いません(仕事の関係で、など)。

 

妻の実家依存、どうすれば解決できる?夫よりも実家を大切にする、「実家依存妻」の対処法

友達親子といった言葉が聞かれる時期がありました。友達のように仲良しで、洋服の貸し借りをしたり、友達のように二人で買い物に行ったりといったことをする親子です。

 

こうした密な親子関係は、母娘だけでなく、母と息子の間でも増えているといいます。

 

結婚してからも関係が近い"母と娘の関係"

近所づきあいなどの人間関係が薄くなってきているといわれる中、妊娠中の生活や育児において、自分の母親や父親が手伝ってくれるのは、本当にありがたいことだと思います。

 

ママも時にはそれに甘えてしまうのも、ストレスを溜めない方法として、非常に良いでしょう。

 

しかし、近すぎる関係というのは、いわゆる「親離れ」も「子離れ」も出来ていない関係です。双方が自立できないのならば、それは協力関係というよりも依存と言って差し支えないでしょう。

 

結婚してからも実家に入り浸る、実家依存症妻

上記のような親に依存した関係で起こるのが、実家依存症です。仲の良い親子が増えるなかで、こうした実家依存になる妻が増加傾向にあるようで、夫が置き去りにされて溝ができ、離婚の原因にもなるとされています。

 

妻からすれば、実家は居心地がいいですし、ある意味旦那さんといるよりも気を使いません。さらに「妻」の立場では家事や育児に色々な責任がついてまわりますが、「娘」の立場になってしまえば親に甘えることができます。その立ち位置が何とも心地よく、ついそこに甘えてしまいます。

 

妻の親も、頼ってくる娘がかわいくないわけがありませんから、ついそれを受け入れてしまうのです。

 

妻の実家依存、どうすれば解決できる?

妻の実家依存というのは、解決できるのでしょうか?一人の人間の自立の問題ですから、そう簡単にいくものではありませんが、考えられる解決方法について挙げていきます。

 

・妻の実家の近くに住まない

まだ住居を決めていないのなら、実家の近くに住居を構えるのは避けましょう。もし今実家の近くに住んでいるなら、引っ越しを考えても良いと思います。物理的に頼れなくなれば、今ある過程の中で立ち位置を築いていくしかなくなります。

 

・夫が妻を大切にする

妻が実家を優先する理由のひとつが、夫にかまってもらえないからです。孤独感を紛らわすために実家に逃げているのだとしたら、それを感じさせないように妻を大切にしてあげる必要があります。

 

・妻の実家に相談

妻が自分の親のいうことをよく聞くのなら、その親に説得をお願いしても良いでしょう。

 

ただしこれはケースによってで、場合によっては親も、あるいは親の方が娘に強く依存していることもあります。その関係性をよく見極めたうえで、相談した方がよいでしょう。

 

現実的に考えれば、親の方が先に亡くなるのですから、その時に妻が自分の足で立っていないということは怖いことです。ですが、どうしてもその時にラクな方ばかり考えてしまって、そちらに流れてしまうのが人です。

 

一度しっかりと、夫婦で問題に向き合うことが解決につながるかもしれません。 

 

親離れ子離れ不適応…親が原因の場合はどうする?親を改善する方法3つ

親子という関係の結びつきは強いものですが、それでもそれぞれは別の人間で、それぞれの人生があります。しかしそれはしっかりと親離れ子離れが出てきているから言えることであって、これが出来ていないと親離れ子離れ不適応という状態になります。

 

親離れ子離れ不適応は親が大元の原因

親離れ子離れ不適応というのは、親子がそれぞれ自立した形ではなく、互いに依存し合っている状態です。状態だけを見ると依存し合っている双方に問題があるように思えますが、一番の原因は親の子離れができないことで、過保護や過干渉の環境の中で子どもが育てられることが原因になります。

 

改善方法は?

互いに依存している期間が長いほど、依存が強くなりそれぞれが自立するのが難しくなります。そのためできるだけ早い段階で対処する必要があります。

 

・夫婦仲を見直す

子離れができない親は子どもなしには自分の生活が成り立たない状態になっていることがあります。ではどうしてそんな状態になってしまったのかというと、まず考えられるのが夫婦仲です。夫婦仲が悪いと、パートナ-に向かうはずの愛情が全て子どもに向かってしまって、パートナーに対抗するかのように間違った形で愛情を注いでしまいます。

 

・深刻さを認識する

自分の子どもへの関わり方が子どもの将来をつぶしていることになると、問題の深刻さを認識すると同時に、自分の心を見つめ直すことが必要です。

 

・子ども以外に視線を向ける

子ども以外に興味関心を持つことで視野が広がります。他の親の子どもとの関わり方を見ることで、自分を見つめ直すきっかけにもなります。

 

基本的に改善するべきは親の考え方です。それに伴って子どもが正しい成長をしていければ、それぞれが自律し、親離れ子離れの状態に自然になっていきます。

 

常に恋愛していないとダメ!?恋愛体質というだけではないのかも…もしかして恋愛依存症? 

常に恋愛していないと…というと恋愛体質と思われがちですが『恋愛依存症』の可能性もあります。女性に多いのですが、常に恋愛をしていないと不安に駆られるのに恋愛をしても安心感が得られない症状です。

幸せを求めて恋愛したはずがいつの間にか振り回されたり不幸になったり、というパターンです。

 

●家族関係から見る恋愛依存症

恋愛依存症の患者の多くは、育った家族内でのトラブルやそこで感じた感情によって恋愛依存症になっていると考えられます。

恋愛依存症の原因を紐解くのに重要なことが『愛情の枯渇』と『愛し方を知らない』です。

 

●愛情の枯渇

恋愛依存症の原因の一つが家族内における愛情の枯渇です。はたから見て虐待などが起きていなければ家族のことは家族以外が口出しすることは滅多にありません。

そのため、子どもが愛されていると感じるかどうかは周囲に推し量れるものではないのです。

それどころか親ですら『愛している』と思って接しても、子どもの方で『愛されていない』と取る場合があるので難しい問題です。

いずれにしても恋愛依存症の方は『自分は愛されていないという事実もしくは思い込み』から『他人に愛してもらう』ことに一生懸命になります。

愛されていない=自分の価値が低いことにもなるので、他人に愛されて価値を上げようとするケースもあります。

 

●愛し方を知らない

恋愛依存症の方が例えば人を愛する方法を上手く知っていたとしたら、依存せずに幸せなパートナーを得て過ごすことになるかもしれません。

恋愛依存症そのものというよりも恋愛依存症の方が恋愛を繰り返す原因に『愛し方を知らない』というものが挙げられます。

愛されていないという思い込みもしくは事実があるため、自分が他人をどうやって愛したらよいかわからず過干渉、感情の爆発などで相手とトラブルを起こすケースが多いです。

 

恋愛依存症の原因は自己肯定感の低さや愛し方を知らないなど、本人の精神的な問題による部分が多いです。

機能不全家族(家庭としての機能が整っておらず家族仲に問題がある)で育つと恋愛依存症になりやすいとも言われています。

 

妻は実家依存症!?離婚にもなりかねない、実家に依存する妻…チェックシートで確認!

医学的に病気と規定されているわけではありませんが、実家依存症という症状があるのを知っているでしょうか。これは夫婦関係の中でも、妻に見られるものです。

 

離婚の原因となる、実家依存症ってなに?

離婚率が増えているといわれていますが、その離婚の原因として増えているとされるのが、実家依存症です。

 

妻に見られる実家依存症とは、自分の実家にべったりと依存することです。これによって、夫婦の家よりも自分の実家に入りびたり、夫婦の家の家事や夫自身をおろそかにしてしまいます。

 

旦那さんからすれば、今の家のことや自分のことをおろそかにされれば、当然いい気はしませんよね。このストレスが積み重なって離婚の原因たりうる、夫婦間の溝になるのです。

 

実家依存症妻チェック項目

あなたは実家依存症妻ではないでしょうか?以下の項目で、当てはまるものをチェックしてみて下さい。

 

□お出かけは友だちよりも母親

□実家と週2回以上連絡をとる

□夫がいなければ実家で過ごす

□実家に頻繁に帰っている自覚はあっても、「娘だから当たり前」の感覚がある

□実家から経済的援助を受けている

□家事や育児は親に手伝ってもらっている

□実家のパワーバランスは、父親よりも母親の方が強い

□2つの意見がある場合、夫の意見よりも親の意見を優先しがち

□相談事は、夫よりも親に先に相談する

□なんだかんだ言って、親の意見に従う

 

いくつ当てはまったでしょうか。半分以上当てはまるという方は危険信号です。

 

そしてこの中でも特に注目したいのが、最後の3つの項目です。これらは、ひとつでも当てはまれば、旦那さんが「自分よりも実家を優先している」のを感じてしまいやすいです。

 

実家依存症妻は、自分自身「娘が実家に頼るのは当たり前」と考えているため、なかなか自分で気づけません。もしこれでチェック項目に多くあてはまるのなら、夫婦関係、親子関係を考え直すチャンスかもしれませんよ。

(Photo by:http://pixabay.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

依存症に関する記事

性依存症とは?起こる原因は?

  性依存症はどんな環境を通じて、発症するのでしょうか? まとめてみました。 ...

アルコール依存症の症状と怖さ ~アルコール依存症者の離脱症状とは?

何度も何度も「お酒をやめるから」と宣言しては、元に戻ってしまうアルコール依存...


乱用した若者が怖がる依存性薬物とは?薬物の種類と依存性のメカニズム

私の身近には海外で大麻やケタミンを経験し、その後、依存薬物乱用がとまらなくな...

日本ではあまり知られていない性依存症の症状とは?

たとえば、毎日恋人に会いたいと思う。会ってないと不安。会えば必ずセックスを強...

カラダノートひろば

依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る