カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 妊娠線 >
  5. ちゃんとケアすれば大丈夫♪妊娠線ができる前にやっておきたい!妊娠線の3つの予防策

妊娠・出産

ちゃんとケアすれば大丈夫♪妊娠線ができる前にやっておきたい!妊娠線の3つの予防策

a1380_000765.jpg
一度できてしまうと一生消えることのない妊娠線…。
妊娠線はかゆくなったり痛くなったり、また出産後もあとが残ります。水着で目立つのもイヤですし、できれば作りたくないですよね。
ですがそんな妊娠線も毎日のお肌ケアで予防することができます。 
出産後、妊娠線がくっきり…(泣)!となる前にやっておきたい3つのポイントをご紹介します。
 

なぜ妊娠線ができるの?

妊娠線ができるのは、赤ちゃんの成長とともに急激におなかが大きくなるのに、皮膚の伸びが追いつかず、皮膚が裂けてしまうからです。
皮膚の表皮は水分が少ないため、弾力性に乏しく、このような変化に対応できず妊娠線ができてしまうのです。
 
ですから、おなかの皮膚を水分を多く含む肌に保つことで妊娠線を予防できます。 

 

妊娠線が出やすい時期&出やすいタイプ

妊娠線が出やすい時期は、妊娠初期以降、またはつわりが終わり、食欲が急激に増加するのに比例して体重が増加する頃に出始める頃にあたります。
 
また、少し見えにくい下腹部や、乳房や太ももにも妊娠線(赤い線)が出ることがあります。
乳房にできる妊娠線は乳輪を中心に放射状に現れやすく、太ももも同じく放射線状になります。
 
皮下脂肪などが厚いと皮下組織の弾力性がなくなるので妊娠線が出やすいそうです。
また、
・小柄でおなかが突き出やすい人
・双胎の場合
・経産婦
の場合も妊娠線が出やすいといわれています。 

 

妊娠線を予防するための3つのポイント

妊娠線を予防するための主な注意点を覚えておきましょう。
 

・油分をあまり落とさない石けんを選びましょう

油分を落としすぎると皮膚の脂肪分がなくなってしまい水分が減ってしまいます。ですので、泡の立たない油分をあまり落とさない石鹸を選びましょう。
 

・ゴシゴシ洗わない

皮膚を洗うときは手拭やタオルでゴシゴシこすらないようにしましょう。手で洗うか、スポンジで洗いましょう。皮膚をこすることで脂肪をよけいに落としてしまいます。
 

・ぬるめのお湯でゆっくり&スキンケア

あついお湯は油分の分解を早めてしまいます。
羊水の温度である、39度くらいのぬるめのお湯でゆっくりつかってみましょう。
お風呂から上がったあとも体を冷やさないよう、冬はお部屋をよくあたためておいてください。
お肌のケアは乳液、クリームなどをマッサージのようにおなか全体にすり込みましょう。
また、ストレッチなどでからだを動かすのも皮膚の伸展につながります。
 
そのほかに注意したいポイントとしては、下記のようなものです。

 

・バランスの良い食事を心掛けましょう
・カロリーの高い食べ物は控えましょう
・体重増加は8kg~10kgに抑えましょう
・妊娠線専用クリームなどで肌を柔軟に保ちましょう
 
バランスの良い食事を食べたあとは泡のお風呂にゆっくりつかって、その後はクリームでマッサージ…。そんなゆとりのあるマタニティーライフを送りながら、妊娠線の予防をしてみてはいかがでしょうか? 

 

 (Photo by:足成 )

著者: くまさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠線に関する記事

「え!?こんな所にまで!?」乳房に出来た妊娠線!妊娠線ケア方法

妊娠中の体重増加によってお腹や腰、ふともも、足の付け根などに妊娠線ができてし...

芸能人、有名人の妊娠線事情!妊娠線を作らないためにあの人はどうしていたの?

近頃、芸能人や有名人の妊娠出産のニュースをよく耳にするようになったような気が...

妊娠線の体験談

お腹が大きくならず油断してた!妊娠線、最後の2週間で現れるとは・・・

恥ずかしながら、自分の妊娠線に気がついたのは出産後のことでした。 恐らく記憶からいって、出産の...

妊娠線は勲章です!スイカのように妊娠線ができました

妊娠中期頃から妊娠線の予防のためにクリームを塗り始める方もいらっしゃいますよね!! わたしは6ヶ月...

カラダノートひろば

妊娠線の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る