カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. その他 >
  5. 子どもと大人同士の関係になろう!"親離れ子離れ不適応"改善のための親離れの方法

メンタル

子どもと大人同士の関係になろう!"親離れ子離れ不適応"改善のための親離れの方法

 

親離れ子離れが出来ずずっと一緒にいるという親子も最近では珍しくありません。親離れ子離れ不適応という症状で、親が適切な時期に子離れできていないことと関わりがあると言われています。

親の言うとおりの生活をしていたり、親の気に入った人とでなければ付き合えない、結婚して家を出ていくのは親不孝な気がしてできない…と思っているあなたは親離れ子離れ不適応親子の可能性アリです。

 

●今の状況に本当に満足している?

親離れ子離れ不適応で、不満を抱きやすいのは子どもの方です。自分の自立がなっていないこと、親の望んだ道だけを歩いているようなことに不満を抱きがちになります。

ですが、親離れ子離れ不適応家族の場合は、親との関係性が悪いわけではないので、不満を持ちつつ甘えてしまうのが問題です。

親との心地よい関係はあるが、それが苦しく感じたことはなかったかどうか、もう一度自分の心に問いかけてみてください。

 

●物理的な自立が手っ取り早い

親離れ子離れ不適応改善をしたい、と子供の方が思うなら、物理的な自立は最も手っ取り早い方法です。

物理的に自立すれば必然的に親と離れていることになるので自立心が養われますし、親の不要な接触を回避できます。

 

●親の人生を考えてみる

物理的な自立が難しいという方におすすめなのは親の『一人の人間としての人生を考えてみる』ということです。

これは実際に私が行った方法ですが、親が持つ『自分の親以外の側面』を見てみます。

・小さいころはどんな子だったのか

・若いころはどんな夢を持っていたのか

・学生のころはどんなクラブやバイトで、どんな友達と付き合っていたのか

・若いころはどんなものが流行っていたのか

・どんなことが好きで、どんなことが嫌いなのか

・お父さんとどんなふうに出会ったのか

 

これらのことを知るにつれて、親の親以外の側面がどんどん見えてきて、大人と大人の付き合いにシフトすることも可能です。

 

親離れ子離れ不適応で、子どもの方が親から自立したいと考えるなら物理的な自立が早いです。

物理的に自立できなくても、精神的に自立するために親と大人の関係を築き、自分のことは自分で決めるといったルールを適用するのもよいでしょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

妻は実家依存症!?離婚にもなりかねない、実家に依存する妻…チェックシートで確認!

医学的に病気と規定されているわけではありませんが、実家依存症という症状があるの...

寂しさが原因!?まずはここから、占い依存症者への接し方と対処法

身近な人の態度がおかしい。やたら占いに通っている、または電話占いで大金をはたい...


信仰者と依存症者の違いは?世界ではどうなっている?宗教依存症度チェック!

宗教依存症とはなんでしょうか?特徴は「自己判断をすべて宗教にゆだね、自分らしさ...

あなたもそうかも?脳の機能が衰える「デジタル認知症」!原因は生活の乱れにもアリ?!

若者を中心に急増していると言われている「デジタル認知症」。スマートフォンやタブ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る