カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. お肌 >
  5. 生理前の肌荒れは改善できる?生理周期に合わせたスキンケアもご紹介!

女性のカラダの悩み

生理前の肌荒れは改善できる?生理周期に合わせたスキンケアもご紹介!

ニキビや吹き出物…トラブルに見舞われたお肌を見て、がっくりする女性も多いのではないでしょうか?

 

肌は女性ホルモンの影響を受けやすいものです。

そのため、毎日同じようなケアをしていたのでは、肌トラブルを防ぐことはできません。

また、生理前は、ホルモンのバランスの関係で、肌トラブルが発生しやすくなります。

 

生理前の肌トラブルを改善するために、できる予防法はあるのでしょうか?

生理周期にあわせたスキンケア方法もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

生理前に発生しやすい肌トラブル

・お肌が脂っぽくなりニキビや吹き出物ができやすくなる

・肌バリアが低下して敏感になる

・紫外線の影響を受けやすくなる

・月経前症候群(PMS)やストレスから肌荒れができる

・むくんで血行が悪くなる

 

生理前のお肌の改善方法

洗顔

ホルモンバランスの乱れによりバリア機能が弱っているので、過剰な洗顔は避け、洗顔は朝夕の2回、毛穴の汚れを落とすように優しく洗顔するようにしましょう。

そして、洗顔後は保湿ケアをしっかり行います。

 

食生活の見直し

また、生理前のニキビや吹き出物は、食生活を見直すことで肌トラブルを軽減できます。

野菜中心の油分控えめの食事を心がけましょう。

 

メイクやスキンケア

生理周期による肌荒れを防ぐには、排卵から生理までの間、肌に負担をかけないようにすることが大切です。

 

まず、新しい基礎化粧品やメイクアップコスメを試すのは避けましょう。

肌が敏感な状態になっているため、初めて使う化粧品によって肌トラブルが起こりやすいです。

 

そして、長時間のメイクは避け、ベースメイクはなるべく肌呼吸のしやすい方法に変える。

どうしても外に出かけるときだけメイクをするようにし、できれば数日間肌を休ませる日を作りましょう。

 

厚化粧のまま、夜中まで遊んだりするのは、生理前の肌にはとっても危険!

肌にストレスをかけない生活を心がけましょう。

 

また、PMSによる肌トラブルに適した化粧品も販売されています。

種類は少ないですが、ひどい肌トラブルに悩む人は、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

 

肌の調子がよくないと、気持ちも盛り下がってしまうものです。

少しでもキレイを保てるように、基礎体温表に従ってその時々に合ったスキンケアに変えていきましょう。

 

他にも

顔以外でも、ムダ毛の処理など、生理前の敏感な時期は、肌を傷つけるので、シェービングやスクラブなどの刺激が強いケアはやめましょう。

万が一、ニキビが悪化した場合や、PMSの症状がひどい場合は、専門医の診察を受けましょう。

低用量ピルや漢方薬などの薬で治療することもあります。

 

生理前のむくみ解消方法

生理前は黄体ホルモンの影響で体内に水分を溜めこもうとするため、むくみやすくなり、新陳代謝も不活発になって肌がくすみやすくなります。

水分をたっぷり摂って軽めの有酸素運動で汗を流す、半身浴で血行を促進しましょう。

 

生理前の紫外線対策

紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線対策はしっかり行いますが、普段使用している化粧品や日焼け止めで刺激を感じる場合は、いつもより低刺激なものを選び、しっかりと紫外線から肌を守るようにしましょう。

 

生理が終わりに近づくとお肌の状態は安定してきますので、生理前や生理中はしっかり肌のケアをしていきましょう。

 

生理周期に合わせたスキンケア方法!

排卵から生理前

黄体ホルモンの量が増加するため、皮脂分泌が過剰になります。

このため脂性肌になりやすく、ニキビや吹き出物ができやすい状態になります。

 

生理周期で、一番肌トラブルに見舞われやすい期間です。

シミやくすみ、むくみなどの症状も現れやすくなります。

 

肌に皮脂を貯めないように、洗顔をしっかり行うようにしましょう。

また、肌を清潔に保つようにするため、メイクは控えめにしたほうが良いでしょう。

 

生理期間中

皮脂分泌が抑えられるようになり、逆に乾燥肌になりやすい期間です。

体温も下がってきますので、肌の血行が悪くなり冷たくなったりします。

お化粧のノリが悪くなるのもこの期間です。

 

肌が乾燥するので保湿を十分に行いましょう。

血行不良による肌荒れもありますので、フェイスマッサージなどを行い、顔の血行促進をするようにしましょう。

 

生理後から次の排卵まで

女性ホルモンが安定するので、肌も安定期に入ります。

この期間は肌トラブルも少なく、状態の良い肌をキープできるでしょう。

 

前のニキビや乾燥肌の状態がまだ残っている場合は、この期間にスキンケアを徹底させて改善させておく必要があります。

前の症状を次の生理周期に持ち越さないことが、肌トラブルを防ぐ上で重要になります。

 

生理周期と肌状態をきちんと理解し、その時に合わせたスキンケアを行っていくことが大切ですね。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/06/01-388599.php?category=2

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お肌に関する記事

気になる混合肌・・もしかして生理周期と関係しているかも?

この前はカサカサしていたのに、いまは脂っぽい。 鼻の周りは脂っぽいけどほっぺは...

効果を最大限にするために!エステに行く時期に気をつけよう

エステのような特別なケアの無料体験など、女性にとっては重宝するものだと思います。...


4つの時期で分けるスキンケア

基礎体温をつけているという女性も少なくないと思います。 それは生理のためであっ...

生理前の肌トラブル、スキンケアやメイクの方法を変えてみて!

生理前になると、肌の調子が悪くなることがよくあります。 ニキビや吹き出物ができ...

カラダノートひろば

お肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る