カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 赤ちゃんにも使える日焼け止めでUVケア!お出かけで気を付けたいこと

育児・子供の病気

赤ちゃんにも使える日焼け止めでUVケア!お出かけで気を付けたいこと

 

紫外線から肌を守るために、お出かけ時の日焼け止めは必需品ですよね。お散歩ができるようになった赤ちゃんにも、しっかりUVケアを行って、たくさん外の世界を体験させてあげましょう。

 

(お出かけに適した時間)

1日の中でも、紫外線が一番強いとされる時間帯は、午前10から午後2頃です。紫外線に、特に気を付けたい、春から夏の時期は外気浴(自宅の窓辺やベランダでの赤ちゃんの日光浴)やお散歩は、この時間帯は避けるようにしましょう。のなるべく暑くない時間帯の散歩がお勧めですが、もし、この紫外線の強い時間にお出かけをする場合には、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

 

(お出かけ時の服装)

出かけるときは、長袖上着や帽子をかぶせるなど、肌が紫外線に直接当たらないような服装で出かけましょう。また、ベビーカーの幌をおろす、車の場合は、窓に日よけを付けるなど工夫をしましょう。

 

(赤ちゃんにも日焼け止めを!)

お出かけするときは、大人も日焼け止めを塗って紫外線対策をしますが、や、など露出部分には赤ちゃんにも日焼け止めを塗ってあげましょう。紫外線吸収剤の入っていないベビー用の物を使いましょう。塗る前に、食べこぼしや汗を拭きとって清潔な肌に塗りましょう。また、お出かけ先に応じて、紫外線防止効果の高いものなどタイプを選ぶようにして、お家に帰ったら、洗い流すか、綺麗に拭き取りましょう。

 

日光浴は赤ちゃんの発育にとって、とても重要です。カルシウムに定着させる栄養素であるビタミンDを生成するには、日光浴は欠かせない要素です。ビタミンDは、食品(魚、卵黄、キノコなど)からの摂取と紫外線で生成されるので、紫外線を怖がらずに積極的にお出かけするようにしましょう。

 

写真: //www.ashinari.com/2013/07/13-380232.php?category=53

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おでかけに関する記事

上手に活用!自治体の子育て支援事業に参加してママ友を作ろう

   お子さんが生まれてから、育児の悩みを共有し合ったり、子供同士を遊ばせ...

子供を預けることは悪いこと?

    「子供を預けて買い物に行ってくる。」というと周りの人はどのよう...

おでかけの体験談

児童館ってどんなとこ?

1ヶ月検診のとき、保健師さんに「最近は、公園デビューではなく、"児童館デビュー"って言われてますよ」...

帰省~子連れでのフライトで工夫したこと~

私の実家は遠い為、帰省の際は飛行機か新幹線を利用しています。 でも新幹線だと移動時間が長くかかって...

カラダノートひろば

おでかけの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る