カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. >
  5. お肌よりも紫外線を多く浴びてる?!紫外線の髪の毛への影響とは

美容・ダイエット

お肌よりも紫外線を多く浴びてる?!紫外線の髪の毛への影響とは

 

太陽が照り付けて、紫外線の放射量が多く日焼けが気になる季節がやってきます。女性はもちろん、お肌のUVケアはバッチリOK!という人はたくさんいますが、実は、紫外線の影響を受けるのは、お肌だけではありません。髪の毛は、お肌よりも紫外線を多く浴びてしまっているのです。今年から、お肌と一緒に髪の毛のUVケアをしませんか。

 

(紫外線が髪の毛に与える影響                    まず、日焼けの原因と言えば、太陽光線の一部である紫外線なのは、皆さんも知っていると思います。太陽光線には、可視光線、赤外線、紫外線、X線、ガンマ線がありますが、このうち、紫外線はUVと略されて、地球上に降り注いでいます。この紫外線は波長によってUV-A波、UV-B波、UV-C波の3タイプに分かれます。UV-C波はオゾン層によってさえぎられるため、地上には届きません。

残りのUV-A波、UV-Bを紫外線と呼んでいます。UV-BUV-A波よりも波長短くエネルギーが強いのが特徴で、肌が赤くなるなど、日焼けの原因となります。UV-Aは、UV-B波ほど強くはないですが、波長が長い為に多く地上に到達し体内の奥にまでジワジワ影響を与えます。

 

この紫外線ですが、髪の毛にどんな影響を及ぼすのでしょうか。毛髪は主にタンパク質でできています。タンパク質は、アミノ酸との結合で構成されていますが、紫外線を受けるとこの結合が分解してしますのです。その結果、毛髪のキューティクルが剥がれ、内部が乾燥してしまい、枝毛切れ毛などのダメージの原因となってしまいます。また、紫外線は毛髪内部にあるメラニンという色素も分解してしまうので、髪の毛が日焼けして赤茶色っぽくなってしまうこともあります。

 

 

紫外線から髪を守るためには、トリートメントや髪の毛用の日焼け止め、または、日傘や帽子と言ったUVケアをしっかり行いましょう。

 

 写真://www.ashinari.com/2013/02/07-376156.php?category=34

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

髪に関する記事

髪に良い成分をチェック!紫外線を浴びた髪のダメージをケアできる成分を知ろう!

     夏も冬も同じシャンプーやコンディショナーを使っている人は多いですが、本...

いつもどおりの洗髪ではダメ?紫外線で傷んだ髪のケア方法

髪の毛も皮膚同様、紫外線によってダメージを受けます。キューティクルがはがれ、老...


髪も実はダメージを受けている?髪にも紫外線対策を!

紫外線対策と聞くと皮膚のケアだけだと勘違いですが、髪にも紫外線対策が必要です。...

紫外線ダメージを受けた頭は「いつものシャンプー」でいいの?夏だけはアミノ酸シャンプーで!

     紫外線を浴びた際の、髪と頭皮のケアはどうしているでしょうか。特に男性は...

カラダノートひろば

髪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る