カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸炎 >
  5. こんな症状が出たら感染性胃腸炎かも?!~夏場に多い食中毒~

気になる病気・症状

こんな症状が出たら感染性胃腸炎かも?!~夏場に多い食中毒~

感染性胃腸炎の原因は、ウイルス性と細菌性によるものですが、その中でも夏場に多い食中毒の細菌が原因となっている症状をチェックしてみましょう。

 

(サルモネラ菌の症状)                        

サルモネラ菌は、に多く見られる食中毒の原因になっています。抵抗力や免疫力の低い人に感染しやすいです。サルモネラ菌は、自然界に広く分布しており、牛・豚・鶏・犬・猫なども保菌しています。なので、食肉や卵などが主な原因となっており、しっかり熱を通して食べることで防げますが、サルモネラ菌に感染した食品を飲食した後に、早くて半日から2日後までには吐き気や腹痛が起こり、水のような便、下痢便を伴う38℃台の熱を繰り返します。

 

(腸炎ビブリオの症状)

腸炎ビブリオは、魚介類が原因で起こる細菌性食中毒で、8を発生のピークとして夏場に多発します。潜伏期間は12時間前後で、主症状は耐え難い腹痛と、水様性や粘液性の下痢が見られ、吐き気や嘔吐37℃の熱が出ることがあります。

 

(カンピロバクターによる症状)

カンピロバクターは家畜やペット排せつ物により、汚染された食品を介して感染する食中毒で、発熱、下痢、血便を伴う腸炎の症状が出ます。菌が体内に侵入してから発症するまでの潜伏期間が長いのが特徴で、2~7日間かかるものもあります。まれに虫垂炎や腹膜炎の症状が見られる事があります。

 

(O-157病原性大腸菌の症状)

大腸菌はもともと家畜に存在しているため、殆どは無害なのですが、一部の種類の大腸菌が病原性を持っていて、消化器官に症状を起こします。他の食中毒と比べてが強く、感染しやすい、症状がすぐに出ないという特徴があり、ベロ毒素という毒を作り、血便を伴う激しい下痢を起こすことがあります。全く症状の出ないものから、重篤なものまで様々です。

 

こんな症状が出たら病院で適切な処置を受けましょう。

 

写真: //www.ashinari.com/2014/04/16-388188.php?category=11

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸炎に関する記事

胃腸風邪の症状や原因!予防方法と治すためのポイントとは

胃腸風邪にならないためには、普段からの予防が大切です。それでもかかってしまう胃...

どのウイルスによる感染性胃腸炎の症状?細菌の種類で異なる症状をチェックしよう!

  胃腸風邪=感染性胃腸炎は、原因となるウイルスや細菌によって症状が出ますが、...


ストレスによる腸炎を予防するにはヨーグルトが効果的

            ストレスなどの心理的な要因は、胃酸の分泌を促し、腸...

早く治したい!急性腸炎の完治に心がけたいこと

急性腸炎になったけれど早く治したい、仕事が溜まってしまうからあまり休みたくな...

カラダノートひろば

腸炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る