カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 放射線療法 >
  6. 高精度放射線治療『サイバーナイフ』が、肺がん・肝臓がんをピンポイントで照射可能に!

ガン・悪性腫瘍

高精度放射線治療『サイバーナイフ』が、肺がん・肝臓がんをピンポイントで照射可能に!

『サイバーナイフ(高精度放射線治療装置)』ががんをピンポイントで照射!

がんの放射線療法のひとつに、γナイフに代表されるようなピンポイントで癌細胞だけに照射治療を行う『定位放射線手術』という療法があります。この療法では、メスで切開手術ができないような脳深部にも照射することが出来るため、非常に期待が集まっています。

 

しかしその反面、γナイフはデメリットとして一回の大量照射を行うため、正常な部位への被爆が懸念されていました。

 

一方、新たに登場した定位放射線手術の『サイバーナイフ』では、ガンマナイフと異なり多数回照射(分割照射)が行われるため、正常部位に影響が及びにくいと言われています。

 

以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

『サイバーナイフ』とは?

サイバーナイフは、最先端の画像解析技術や産業ロボット技術等を応用した高精度の定位放射線治療装置で、自在に動くアームと分割照射によって、正常部位への侵襲が少なく、深部の複雑な形状の病巣なども照射することが出来るというものです。

 

精度も高く、巡航ミサイル誘導技術を応用したという『自動追跡システム』によって、±0.5~1mm程度の誤差で照射が可能と言われています。

 

⇒これまでは首から上に発生した腫瘍のみが治療対象でしたが、2008年より体幹部(首よりも下)の病変に対する治療承認が下り、肺がんや肝臓がんへの治療に期待が寄せられています。

 

<サイバーナイフの適応は?>

頭蓋内病変(脳腫瘍、脳転移、AVMなど)、頭頸部がん(鼻腔・咽頭・口腔の腫瘍、再発・転移)、原発性肺がん、転移性肺がん、原発性肝がん、転移性肝がん、脊髄動静脈奇形など

 

<γナイフやリニアックとの違いについて>

サイバーナイフとγナイフとの違いは、前述のように多数回照射(分割照射)による正常細胞への影響の軽減が最も大きいと言われています。

 

また、リニアック(γナイフのγ線⇒X線に変えたもの)との違いは、サイバーナイフはより細いビームを多方向(100以上)から照射でき、より集中的にがんへの照射を行うことが出来ます。

 

<副作用は?>

主に【吐き気・皮膚炎・浮腫・一時的な脱毛・潰瘍】などが報告されています(通常の放射線治療と比較すると非常に軽く抑えられると言われている)。

 

<治療費は?>

治療費は、手術前の検査なども含めて約63万円で、保険適用となっています。また、高額医療費控除の適用にもなります。

例)3割負担の場合:64万円×0.3=約19万円

 

サイバーナイフによる治療の流れについて

<どこの病院で受けられる?>

治療実績のある病院は神奈川県の『新緑脳神経外科』や岡山県の『岡山旭東病院』が数千症例の実績があるとして有名ですが、北海道・沖縄を除き各地方に一箇所以上は設備があるようです(全国で計22箇所)。

 

<実際の手順について>

1)治療中に動きを抑えるよう、個人にあった専用の固定具(頭頸部用・体幹部用)を作成する。

2)実際に行う治療と同じ体位で、CTやMRI等の画像検査を行う。

3)データは専用の治療計画装置へ転送され、治療医が治療計画を立てる。

4)サイバーナイフでの治療開始。

5)寝台に休んだ状態でX線撮影施行。

6)治療計画との位置のズレの調整を行う。

7)補正終了後、実際の治療開始。治療中の微細なズレは自動的に補正される。

 

⇒一回の治療は頭頚部で約20分~30分、体幹部で約40分~50分、治療の回数は部位や大きさや数によって異なり、最短で1回~長くて10回ほどになる。

 

サイバーナイフは、前述のように全国で22箇所しか治療を受けられる施設が無く、また治療実績や長期の経過観察例が十分に足りていないことが問題であるとされています。

 

米国ではすでに200施設にサイバーナイフが導入されており、日本でもより早い普及が望まれています。

(photoby://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

放射線療法に関する記事

放射線の副作用「急性」と「晩発性」には、各場所ごとにこんな副作用がおこる!

  がんの治療はいずれの場合も多少の苦痛が伴います。抗がん剤治療ではつらい副作...

知っているようで知らない?がんの放射線治療の副作用ってどんなもの?

           放射線治療は、がん細胞に対して有効なダメージを与え、がん...


馴染みのない「放射線治療」、どんな風な治療?正常細胞は大丈夫なの?

  がん治療の方法のひとつに、放射線治療があります。日本ではあまり浸透しておら...

悪性腫瘍治療に有効な放射線治療 効くものと効かないものの違いとは

           悪性腫瘍(がん)の場合は、腫瘍そのものを取り除く外科的...

カラダノートひろば

放射線療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る