カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 自律神経 >
  5. 夏バテは日本だけ?!高温・多湿な気候で自律神経が乱れやすい日本の夏!

気になる病気・症状

夏バテは日本だけ?!高温・多湿な気候で自律神経が乱れやすい日本の夏!

やっと寒い冬が終わって過ごしやすい春が来たと思ったら、すぐに梅雨のジメジメした日が続き、一気に暑い夏がやってきます。

この時期に「夏バテ」になる人が多いのですが、夏バテする人しない人の違いは何なのでしょうか?!

 

夏バテって何?どんな症状?

日本より暑い国はたくさんありますが、どの国でも夏バテの症状は起こるのでしょうか。夏バテとは、夏の暑さによる自律神経の乱れが原因で起こる様々な症状ですが、日本の夏は高温・多湿な気候のせいで体調を崩しやすくなります。

それは体温を一定に保とうとして必要以上のエネルギーを消費することで、身体にかなりの負担をかけてしまうからです。

通常であれば、その負担に耐えられるのですが、負担が強くなったり、毎日続くとその暑さに対応する事ができずに、体に溜まった熱を外に出すことができなくなって、熱が出たり、だるくなったり、胃腸の働きが弱くなってしまいます。この無理が続いて体が限界になった状態が夏バテです。

 

夏バテの原因は?

夏バテの原因は様々な原因がありますが、自律神経の不調・水分不足・胃腸の働きの悪化が主な原因と言われています。

人間の体は周りが暑くなると、汗をかいたり、血管を広げたりすることで体温を外に逃がして暑さに対応しようとします。

 

この体温調整は自律神経の働きによって行われますが、体が暑くて熱を放出しようとしたところへ、冷房の効いた部屋に入ることで、体は気温の変化について行けなくなってしまいます。これが1日に何度も繰り返すことで、自律神経自体が疲れてしまい、かなりの負担をかけてしまいます。

また、日本独特の湿気も原因と言われています。なので、日本より暑い国もたくさんありますが、湿度が低くカラッとした国は夏バテになりにくいと言われています。

 

夏バテの対策には、湿度も大きく関係していると言えるので、湿度の管理もきちんと行いましょう。

 

(Photo by 足成)

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

自律神経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る