カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 禁煙 >
  4. 喫煙のリスク >
  5. 恐ろしいピロリ菌、喫煙との関係

健康診断・健康管理

恐ろしいピロリ菌、喫煙との関係

 

 

数年前から話題になっているピロリ菌をご存じでしょうか?

日本人に感染者が多く、50代以上だと7割が感染していると言われています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、そして胃ガンの危険因子となります。日本人が高い割合で胃ガンを発症する事とピロリ菌には大きな因果関係があるようです。

 

・ピロリ菌感染者が喫煙するとリスクが高まる

 ピロリ菌感染者同士を比較した場合、恐ろしいことに「喫煙者」の方が胃ガンのリスクが約2倍になります。

また、「ピロリ菌に感染していない非喫煙者」と「ピロリ菌に感染している喫煙者」を比較すると後者の方がなんと約11倍も胃ガンのリスクが高いそうです。

 

・ぜひ除菌治療したいピロリ菌。しかし・・・

 「ピロリ菌+喫煙」がいかに危険かお分かりいただいたと思います。

ピロリ菌は除菌治療すると高い割合で効果をあげるのでぜひ除菌治療したいところです。ピロリ菌が発見された場合、3種類の薬剤を1週間服用することで除菌します。

しかし、喫煙者にとって厄介な問題が生じます。除菌期間中に喫煙すると成功率が大幅に下がるのです。1週間の禁煙が難しいことは喫煙者なら皆が知っていることですね。

ピロリ菌の検査や治療の前に禁煙の計画を立てる事が大切かも知れません。胃ガンのみでなく、様々な病気のリスクを減らすことができますから。

(Photo by //www.flickr.com/photos/onigiri_chang/5499460604/sizes/m/in/photostream/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喫煙のリスクに関する記事

喫煙と関連性がないように感じる、うつ病や骨粗しょう症…意外な原因は喫煙なんです!?

    喫煙がもたらす病気は多いですね。さまざまなガンをはじめ 脳疾患...

喫煙開始が早かった人、要注意!

    喫煙が多くの疾患発症リスクを高める事はご存じだと思います。 ガ...


56倍の有害性?!室内で喫煙することによる人への影響とは!

近年、米カリフォルニア大学の研究によると、受動喫煙に次ぐ『三次喫煙(副流煙残留...

欧米だけではない!日本にも喫煙者を採用しない企業がある!喫煙者に厳しい雇用の時代が来る?

  近年、アメリカをはじめとする様々な国の企業が喫煙者に対して 厳しい雇...

カラダノートひろば

喫煙のリスクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る