カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 解離性障害 >
  4. 同じように物忘れするように見えるけど違うんです!解離性健忘と認知症の違い

メンタル

同じように物忘れするように見えるけど違うんです!解離性健忘と認知症の違い

 

記憶をなくす病気といえば解離性健忘もありますが、認知症もあります。

年齢を重ねていると解離性健忘なのか認知症なのかを判断しにくいとも言われているのですが、いったいどんな点で違いがあるのかを見ていきます。

 

●忘れたことを覚えているか

解離性健忘と認知症の最大の違いは『忘れたことへの認知があるかどうか』です。

解離性健忘の患者の大半は『自分は過去の記憶を失っている』『何かしら忘れていることがある』という自覚があります。

一方で認知症の患者の大半は『何を忘れたか忘れた』といったように自覚がないことが多いのです。

好発年齢を見ると解離性健忘は若年成人に多いのに対して、認知症は60代以降の老年期に多い特徴もあります。

 

●認知症と誤解を受けやすいケースも

2014年6月4日に神奈川県が鎌倉市で解離性健忘の女性が県内の養老ホームで生活していると発表しました。

4年前に鎌倉市で保護された女性は60代とみられ、身元不明高齢者として養老ホームでの生活を始めました。

さまざまな検査・聞き取りの結果解離性健忘と発覚しましたが、身元不明高齢者の多くは認知症が疑われやすいです。

(参考:@TCOMニュース )

 

●どちらにしても治療が必要

認知症にしても解離性健忘にしても、治療が必要という点では変わりありません。

忘れたことを覚えているかどうかは基準のひとつになりますが、すべての認知症患者・解離性健忘患者に当てはまるわけではないので、やはりプロの視点からの診断と治療は必要とされます。

解離性健忘か認知症かわからないが、とにかく忘れているようだと感じたら内科もしくは精神科への受診を勧めてみましょう。

 

解離性健忘とは違って日常のちょっとした健忘(老化によるもの)であれば心配は要りません。

電話番号がすぐに出てこない、物の名前が出てこないがそれを自覚しており、生活に大きな影響がない状態です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/31/05/57/old-peoples-home-63614_640.jpg])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

解離性障害に関する記事

解離性健忘(記憶喪失)に対する催眠療法の効果について

  ドラマの劇的演出としてよく登場する『記憶喪失』。精神医学の正式名では『解離...

はっきりと区別することが大切!多重人格と他の精神疾患

  今話している相手が突然口調も目つきも変わったら驚きます。 精神疾患の中に...


本当に忘れた?実は演技?記憶が思い出せなくなる…解離性健忘の診断基準

人の体には防衛機能があります。   熱いものを触ったら考えるよりも先に腕...

解離性障害の症状の一つ・離人感とはどんな感覚?

  解離性障害の症状の一つに離人症性障害があります。離人症性障害は持続的あるい...

カラダノートひろば

解離性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る