カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. 基礎知識 >
  5. むくみの原因は水分の摂りすぎのせい?水分と塩分の意外な関係

美容・ダイエット

むくみの原因は水分の摂りすぎのせい?水分と塩分の意外な関係

 

女性は特に、朝と夕方では足のむくみ方も全く違うという人もいますよね。このように「むくみ」で悩んでいる人はたくさんいますが、何が原因でむくんでしまうのでしょうか。

 

(むくみの原因は体内の水分が多いから?)

全体重の約2/3が水分で構成されていて、生命維持のために重要な役割を果たしています。この体内の水分のうち67細胞の中に存在しており、2細胞周辺に、1血液として血管の中を流れています。体の中でも血液は重要な働きをしており、血液は常に一定に保れていなければいけません。血液外を流れている水分は、血液中の水分が不足すると補充する役目があります。また、血液中水分多すぎた場合には、血液中から水分を吸収し調整を行います。なので、血液外の水分は、血液中の水分が一定に保たれるように、貯水タンクのような役割を担っているのです。この蓄えられる水分量が多くなるとむくみの原因になると言われています。水分を過剰に摂取したとしても、体内の貯蔵分以外の水分は、一般的には、尿や汗などで体外へ出されます。なので、水分が体内に滞るという事は、脳や、心臓、肝臓、腎臓などの臓器に疾患がある場合もあります。

 

(水分と塩分の関係)

体内の水分量は、ナトリウム濃度と深くかかわっています。塩分が多いとナトリウム濃度を薄めようとして、たくさんの水分が必要になるため、脳が水分を補給を命令し、「喉が渇いた」と水分をたくさん摂取します。さらに体内は水分がたくさん必要なため、なるべく体外への水分の排出を減らそうとします。この働きによって水分を摂取した分と、体外へ排出されなかった水分が体内に滞り、水分の過剰摂取となりむくみの原因になってしまいます。

 

 

塩分の取り過ぎに注意しながら、体内に水分を溜めないように、汗や尿で水分を体外へ排出するようにしましょう。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/04/24-388231.php?category=5

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

成人女性の5人に1人は指むくみの原因を持っている!?

  むくみの原因にはさまざまなものがありますが、中でも女性の5人に1人が持って...

冬のむくみ・便秘解消☆甘さ控えめ☆さつまいも入りぜんざい

  あずきのサポニンは利尿効果が高く、体から水分を追い出す効果があり、溶血...


勘違いすると危ない?むくみの原因は「水分の摂りすぎ」ではないって知ってた?

誰もが気になるむくみですが、むくみの原因としては水分の過剰な供給があります。こ...

むくみはからだのどこに出やすい?

間質液は全身に存在しますが、水分がたまりやすい場所は決まっています。すなわち、む...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る