カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. 基礎知識 >
  5. むくみの原因と言われる「水分の摂り過ぎ」は本当?むくみ解消について

美容・ダイエット

むくみの原因と言われる「水分の摂り過ぎ」は本当?むくみ解消について

むくみの原因は、水分の摂り過ぎや血行不良、リンパの詰まりなど様々な要因があると言われていますが、なぜ水分を摂り過ぎる事がむくみの原因になってしまうのでしょうか。

 

(体内の水分とむくみの原因)

体の全体重の3分の2は水分で出来ています。この水分は生命活動を行うのに重要な役割があり、体内に一定量必要な水分を蓄えたら、その他の水分は、尿や汗となって外へ排出されることになっています。水分を摂りすぎることで、余分な水分が体内に溜まってむくみに繋がりますが、水分を過剰に摂取しても、その分きちんと体外へ排出する事ができれば、むくみにはなりません。なので、水分の摂り過ぎでむくむのではなく、摂取した水分が、うまく排出されずに体内に滞ることが原因でむくむというのが正解です。だからと言って、水分を控えすぎてしまうと、血管の中にある水分が不足し、「血液濃度」が高くなります。その為、体内の水分を血液中に取り込もうとして過剰に供給されてしまいます。血液中の水分補給が必要な状態なので、体内の水分は排出されずに体内に滞り、これもまたむくみの原因になってしまいます。では、水分を摂りすぎても摂らなくてもむくんでしまうのでは、どうやってむくみを解消すればいいのでしょうか。

 

(水分摂取量の目安)

成人の場合、水分の排出量として、1日に2300mlの水分が排出されていると言われています。なので、必然的にそれと同量の水分を補給しなければいけないことになります。なので、食事などから摂取する水分と別に飲料から1200~1500ml水分摂取の目安になります。

 

 

水分を過剰に摂取しても、運動で汗をかいたり、自然に排出されることでむくみにくくなるので、適度な運動をすることや、水分コントロールをしてむくみの解消を図りましょう

 

写真://www.ashinari.com/2014/04/24-388258.php?category=5

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

病気としてのむくみって?

たとえば、夕方になると靴下の跡がくっきりとついたり、夕方に靴がきつくなったりして...

むくみの正体って?

皮下の過剰な水分がむくみの正体!むくみを医学的に定義すると、さまざまな原因によっ...


ふくらはぎの筋ポンプ作用が大きく関係する「静脈還流」とは?ふくらはぎを揉んでむくみ解消!

人間は、血液の流れが滞ってしまうと病気になります。ですから、健康管理で重要にな...

水分過多の体に基本の漢方「五苓散」 この漢方で体の中に溜まった水分を排出しよう!

  飲食物から摂取した水分が、正常に体に吸収され、体のどこかで滞ることなく全身...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る