カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 「こんな事までやってくれるの?!」知っておくと便利♪ベビーシッターのサービス内容

育児

「こんな事までやってくれるの?!」知っておくと便利♪ベビーシッターのサービス内容

核家族化が進んだ現在では、両親以外に子どもを預かってくれる人が居なくて、急な用事や仕事の時に困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時に助かるのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターと言うと、自宅や託児所などで子供の面倒をみてくれると言った印象が大きいでしょうが、実はそれ以外にも、色々なことを手助けしてくれるのです。

 

では、保育以外に、どのようなサービスがあるのでしょうか。いくつか例をあげますので参考にしてみてください。

 

ベビーシッターの保育以外のサービス

(1)病児保育(病後保育)

病児保育とは、子どもが熱を出してしまい保育園や幼稚園に登園できない、または熱は下がったけどまだ登園させるには早いかな?といった場合に、自宅や施設などで保育してもらうことです。

「どうしても仕事が休めないので、子供に保育園を休まれると困る!」と言った場合に知っておくと便利でしょう。

 

(2)産褥サービス

産後のまだ体が回復していない時期に、自宅に来てもらい、家事や育児の手伝いをしてもらうサービスです。上の子のお世話や、炊事・洗濯・掃除やちょっとした買い物など、生活のお手伝いをしてもらうことも出来ます。

産後の里帰りが出来ない方や、家族の手が借りられない場合にはとても助かりますね。

 

(3)保育園や幼稚園への送迎の代行

ママやパパが仕事や用事で保育園の送迎が出来ない場合などに、代わりに行ってもらえます。保育園や幼稚園の職員さんが驚かないよう、あらかじめ保育園や幼稚園に伝えておくと良いでしょう。

両親ともに仕事が忙しい時期などには重宝するのではないでしょうか。

 

(4)小学生くらいまでの子供の保育

ベビーシッターというと乳幼児の保育だけと思われがちですが、小学校くらいまでのお子さんの保育もしてもらえる所が多いようです。乳幼児の世話で精一杯で上の子の世話が…なんて場合でも安心です。

 

いかがでしたでしょうか。『こんな事もやってくれるのね!』と言う便利なサービスを行ってくれるベビーシッターが最近では増えてきているようです。

事業所によっては行ってないサービス内容もあるかと思いますので、利用する前によく確認をしてください。

 

自分の息抜きにベビーシッターを頼もう

専業主婦の方でもベビーシッターを利用している方はいらっしゃいます。

例えば、子育てや家事の息抜きに友人と出かける場合や、子供を連れてはいけない場所に行かなければならないときなどに、ベビーシッターを利用する方も多いです。

短時間からの利用が可能なベビーシッターに頼んで、たまには育児の息抜きも良いかもしれませんね。

 

また、子供を親以外の大人に触れさせるという機会を設けるためにベビーシッターを呼んで人見知りを治すという活用方法もありますよ。

 

ベビーシッターについて詳しくなったのではないでしょうか?

ですが、気軽に色々頼めていつでも呼べるというメリットがある反面、家に呼ぶ場合などはしっかりとしたベビーシッターを選ぶようにしたいですね。

 

(Photo by:http://www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_77.html)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

悩む保育園選び…選ぶポイントは?公立と私立のメリット・デメリット

ママが働きたいと思った時や、またはすでに雇用されていて育休をとっている間に見つ...

保育園以外での保育サービス♪子どもを預かってくれるさまざまな保育施設を知ろう

「仕事を始めたい!…でも子どもを預けないと始められない」というママの悩みは現代...

保育園・施設の体験談

育休はいつまで?仕事に復帰できない!?

産休から育休に入り、毎日必死に子育てと家事に専念。 気が付けば、もう保育園を探す時期。 0歳...

一歳から保育園へ入園

育児休暇が終わり一歳になった娘を保育園に入園させました。 本当は3歳くらいまで自分でみてやりたかっ...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る