カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 陣痛ってどんな痛み?!初産だから陣痛がどんなものなのか分からない…

妊娠・出産

陣痛ってどんな痛み?!初産だから陣痛がどんなものなのか分からない…

お産が初めての妊婦さんは、出産予定日が近づくと不安になってくるのが陣痛・・・。なかでも、「陣痛を体験したことがないから、陣痛の痛みがどんなものか分からない」と心配されている方も多いのではないでしょうか。

では、既に出産をされた経験がある先輩ママさん達は、陣痛をどのように感じたのでしょうか。

 

陣痛はどんな痛み?

陣痛の痛みはどのような痛みなのでしょうか。

一般に言われている痛みでは、下痢よりももっともっとキツイ痛み、生理痛の強烈な痛み、腰を思いっきり殴られたような痛み…。

いろいろな話を聞きますが、痛みの感じ方は人それぞれです。

 

痛みを感じる→緩む、が繰り返され、痛みの間隔が段々短くなり、痛みが増してくる、というのが一般的な陣痛の流れです。

また、いきなりお腹の痛みがきつく感じたり、間隔があまりなかったという人もいます。いつもと違うお腹の痛みがあれば、とりあえず様子を見ましょう。

 

酷い生理痛

普段の生理の何倍もの痛さと表現される人が多いようです。 

 

酷い下痢の時のような痛さ

下痢が酷い時のように、お腹が「キュー」っと痛む、あの何とも言えない痛さと似ていると感じるそうです。 

 

骨盤やお腹周りをすごい力で締め付けられている感じ

骨盤が広がる為の痛みなのでしょうか、陣痛が腰にくるタイプの方がそう思われるのかもしれませんね。 

 

膣に大きなボールが挟まっているかのような痛み

産道の赤ちゃんの頭がある時の痛みかもしれませんね。

何かが挟まっているけど、出したくても出せないと言った感覚のようです。 

 

トラックやらダンプカーなど、大型車に腹部をひかれたような痛さ

これは陣痛の痛みが相当酷かった方なのかもしれませんね。気持ちは分からなくはありません。 

 

腰に凄く重たい鉄の重りをぶら下げられたような感じ

こちらも腰にくるタイプの陣痛の方の感想でしょうね。腰部の鈍痛が続いたタイプなのでしょう。 同じ陣痛でも、痛みを感じる部位や痛みの程度には、個人差があることがよく分かりますね。

 

陣痛の痛みを乗り越える4か条

「陣痛」と聞くと、分娩台に横になった妊婦さんが苦痛に耐えている姿が浮かびます。

出産を目前に控えたプレママさんであれば、おそらく何度か自分のその時の姿を想像して不安を感じることがあるでしょう。

 

しかし、痛いとはいえ陣痛は赤ちゃんに会うために必要なステップであり、ネガティブな痛みではありません。

赤ちゃんに会えることを考えながら、前向きに乗り切ることが大切です。

 

陣痛が来たら心がけたい4か条はこちら!

 

1. 食事・水分を摂る

陣痛が強くなるにしたがって食欲は落ちてきます。

中には強い痛みから吐いてしまう妊婦さんもいるほどです。

しかし、出産は体力勝負。ママの体力が落ちてしまったら大変なのは赤ちゃんです。

 

赤ちゃんの生まれる力をサポートするためにも、ママは栄養を補給することが重要です。

もしも病院食が食べられない場合には、おにぎりやゼリー、プリンなど軽食や流動食を食べてみましょう。

水分もこまめにとるようにしましょう。

 

寝ていてもペットボトルから飲みやすいように、ペットボトルに取り付けられる蓋付きストローなどを用意しておくと良いでしょう。

 

2. 陣痛が来ても動く

陣痛が来ると、大抵の妊婦さんはベッドに横になっていると思いがちですが、積極的に動き回ることが大切です。

階段の上り下りや廊下を歩き回ることで、骨盤も柔軟に動くため出産にプラスに働きます。

 

破水していなければ、シャワーを浴びるのもリラックスに効果的です。

 

3. 疲れたら休む

動いたほうが良いとはいえ、休息は必要です。

疲れたら目を閉じて休みましょう。

痛みが定期的に来ることで、睡は出来ないかもしれませんが、目を閉じて休むだけでも身体は十分に休まります。

 

4. リラックスを心がける

緊張して身体全体に力が入っていると痛みもより強く感じてしまいます。

リラックスして、痛みを受け流すことが大切です。

 

また、痛みに集中してしまうとどうしても身体は硬くなります。

「もうすぐで赤ちゃんに会える!」という前向きな気持ちを常に持っているように心がけましょう。 

 

陣痛逃しをしてみよう

出産のときに自分に合う方法で陣痛逃しをしてみてください。

・息を思い切り吸わない

・四つ這いになる

・体に力を入れない

・生まれてくる赤ちゃんの気持ちになってみる

・誰かに腰をさすってもらう 

 

陣痛はこわくない!

しかし陣痛のレベルも、出産の時間も人それぞれです。

ほとんどの妊婦さんは病院で出産を迎えるので、「すぐそばに医療のプロがいる」という安心感はあるのではないでしょうか。

はじめは陣痛にも長い間隔があり、その間は全く何も感じません。余裕があるうちは陣痛室でテレビを見たり本を読んだりしてゆっくり過ごしてください。

 

最後に

因みに筆者の陣痛は、「膣に何かが挟まっているけど・・・」の例えが一番近かったかもしれません。 そうですね、「膣口に小玉スイカが挟まっているみたいで痛い!出したい!」と【いきみ】を開始して良いと言われるまで永遠と思っていました。

 

しかし不思議なものですね。

あんなに痛い思いをしたのに、「機会があればまた産んでも良いかな?」と思えるものなのですね。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●陣痛っていつ来るの?そろそろって分かる?という方のための出産前によくある陣痛の兆候まとめ

(Photo by://www.irasutoya.com/

著者: nakameeさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

陣痛に関する記事

陣痛促進剤を使うのってどんな時?出産目前の妊婦さんが知っておきたいコト

出産を目前に控えた妊婦さんは、色々な可能性を頭の中で考えては不安になったり喜...

陣痛の兆候、起こりやすい時間など、出産前に陣痛について知っておこう!

全ての妊婦さんがそうですが、出産は誰もがぶっつけ本番です。特に初めての陣痛は、...

陣痛の体験談

こんな私でもちゃんと赤ちゃんを産めました!陣痛の感じ方や痛いところ

陣痛とひとくくりに言っても、痛みの感じ方、痛いところは人それぞれだと思います。 私の場合はどんなふ...

陣痛の痛みはどんな痛み?2人目、経産婦の出産体験談

第2子出産の時、第1子と違って陣痛の痛みを一度経験しているため、痛みの心構えはできていたと思います。...

カラダノートひろば

陣痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る