カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 陣痛の痛みを軽くしよう!陣痛に備えるポイントは○○!

妊娠・出産

陣痛の痛みを軽くしよう!陣痛に備えるポイントは○○!

陣痛には痛い・怖いイメージを持つ方が大半かと思います。しかし、怖がりすぎてリラックス出来ない状態でのお産は、呼吸法が上手く出来ず赤ちゃんへ酸素が行き届かなくなってしまったり、緊張によりお産の進み具合が遅くなってしまうケース、微弱陣痛につながってしまうケースもあります。

 

陣痛を少しでも軽く、少しでもリラックスした状態でお産に臨むためのポイントを紹介します。

 

事前にイメージトレーニング

陣痛の痛みは、赤ちゃんが産まれる為に必要なもの。命が誕生するための自然な流れと言うことを理解し、恐怖心を持たないようにしましょう。あわせて呼吸法なども練習出来ると良いですね。 

 

『赤ちゃんも苦しいけど頑張っている』と一緒に頑張る気持ちをもつ

陣痛は赤ちゃんが自分で産まれてこようとしているサインです。狭い産道を通過することは、頭や体全体がもの凄い力で締め付けられてとても苦しいものです。赤ちゃんも命がけなのです。

 

赤ちゃんも頑張っているのだから、少しでもリラックスして、呼吸を上手にすることによって、赤ちゃんにより多くの酸素を届けられるようにしてあげましょう。 

 

アロマや音楽など、自分がリラックス出来る方法を

妊婦さんが少しでもリラックス出来るように、そのような対応をしてくれる産院が最近ではとても多くなってきています。バースプランを提出するか、助産師外来の際などに相談してみると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。陣痛を辛いものと考えず、赤ちゃんと出会う為の、ママと赤ちゃんの共同作業と捉えることによって考えかたが随分と変わることかと思います。陣痛を少しでも前向きに考えられるようになると良いですね。

 

(Photo by:http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_1725.html)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

陣痛に関する記事

陣痛はまだこないの??お産の兆候と胎動回数との関係は?

臨月に入りお産が近づくと、赤ちゃんが下がってきて、胎動が少なくなるといわれる...

出産が近づいたら知っておきたい…「おしるし」って何?

  出産が近づいてくると、お腹の中の赤ちゃんはもうすぐママに出会えることを色々...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

陣痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る