カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 先端恐怖症 >
  4. こんなものも恐怖の対象に!?先端恐怖症の人が怖い"先端を持つもの"

メンタル

こんなものも恐怖の対象に!?先端恐怖症の人が怖い"先端を持つもの"

 

先端恐怖の人が感じるとがったものへの恐怖は、『目に入ってくるのではないか』『それによって失明するのではないか』などといった不安と一体化しています。

自分の方にはさみの刃が向かって来たら、先端恐怖でなくても思わず怖くて目を閉じて自分を守ろうとしますね。

その範囲が大きく、感じ方や不安も大きいのが先端恐怖です。

 

●一般的な先端恐怖の対象

一般的によく言われる先端恐怖の対象となるものを挙げてみます。これらの先端恐怖を持つ方に出会ったことがある方も多いかもしれません。

・シャープペンシルや鉛筆

・はさみ、包丁

・竹串、爪楊枝

・針(注射針、裁縫針など)

・指を自分に向けて指される

・箸

・傘

 

●こんなものも?な先端恐怖の対象

鉛筆やはさみほどメジャーではないものの、以下のものに恐怖を覚える場合も先端恐怖の可能性があります。

・三角形、Aという文字

・避雷針

・紙、ティッシュなどの角

・洋服をかけるフック

・前髪

 

先端恐怖症の対象はいろいろで、他人から見たらとがっていないように見えるものでも、本人が『目に入ってきそう』と思うようなものは先端恐怖の対象になりえます。

どんなものが怖いのか、どんなふうに暮らせばよいのかを工夫していく必要があると言えるでしょう。

 

本格的に先端恐怖を治すには、やはり心理療法と薬物療法が一番です。日常生活に与える影響が大きい場合は、これらの治療を考えてみてください。

心療内科もしくは精神科でとがったものが怖いと相談すれば、適切な治療を受けられます。

心理療法ではあえて恐怖に体を慣れさせる曝露療法が用いられることが多いので、最初のうちは恐怖症なのに恐怖に向き合うことに対して抵抗感を覚える方もいます。

ただし、恐怖に慣れていけば完治するので少し頑張ってみてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/07/12-380136.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

先端恐怖症に関する記事

先端が怖いのは自然な反応です!先端恐怖の症状を重くしないための考え方

  先端恐怖は、とがったものを見たりとがったものが迫ってくると怖いと感じ、めま...

はさみやペンが怖い人は要チェック!先端恐怖症の診断基準を知ろう

  はさみやペン先を見ると、どうも気分が落ち着かないという方は先端恐怖の可能性...


先端恐怖症、治療は受けるべき?受けなくてもよい?

  包丁が自分に向けられていたら誰でも恐怖を感じるのが当たり前ですが、指が自分...

先端恐怖症…どんなものに対してどんな症状が出るの?

  人が恐怖を感じる対象は人によって違いますが、健常者の場合本当にそれが自分の...

カラダノートひろば

先端恐怖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る