カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 熱中症 >
  5. 気を付けていても毎年死亡者が出る熱中症の恐怖!熱中症対策について

気になる病気・症状

気を付けていても毎年死亡者が出る熱中症の恐怖!熱中症対策について

近年の、温暖化の影響で、毎年記録的な猛暑日が続き、熱中症で亡くなるニュースを毎年聞いていますが、果たしてどんな状況で死亡するのでしょうか。

どんな時に熱中症になりやすいかを知る事で、予防を促し熱中症対策を十分に行いましょう。

 

熱中症になりやすい環境

熱射病の原因となっているのが、炎天下や、高温多湿の場所で、十分な水分補給ができずに、体内の温度が急激に上がることで脱水状態に陥り、血液の循環ができず、体温調整機能が機能しなくなってしまう事で起こります。

 

もちろん、炎天下で帽子や日よけなどせずに、長時間過ごしたり、直射日光に当たる時間が長い人は熱中症になりやすいですが、実は、熱中症の死亡原因は、室外でばかり起こっているのではなく、室内でも熱中症が原因の死亡事故が多発しています。

 

熱中症を引き起こす原因

この室内で熱中症を引き起こす原因には、猛暑の中でエアコンをかけずに車中に長時間いたり、特に高齢者に多いのは、エアコンもつけずに部屋に籠っていたり、水分補給がこまめにできない環境にいる場合が多く、それが原因で熱中症になっています。

毎年、このような内容のニュースを耳にしますが、注意を促していても、子供を車中に置いたまま買い物やパチンコに行く親もいます。

 

高齢者の死亡事故が増えている

また、一人暮らしの高齢者が増加傾向にあり、近くでお世話をする人がいないため、「もったいないから」と暑い部屋に一人で過ごし、またトイレが近くなるからと水分を摂らずにいるお年寄りが増えている現実があり、熱中症の犠牲になっています。

 

このような、自分では判断がつきにくい立場の人や抵抗力の弱い人が熱中症で死亡するケースが後を絶ちません。熱中症は防ぐことができるので、自分の周囲を見回して、少し気を配れば助かる命があるかもしれませんね。 

(Photo by:足成)

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

熱中症に関する記事

濃い黄色い尿、めまいや立ちくらみ、筋肉の痙攣など…自分で判断しやすい脱水の症状

   脱水症状については知っていても、自分が脱水症状になっていると気づくことは...

熱中症の予防に「暑さ指数」は知っておくべき大事な数値!

暑さ指数は、その時点での気温や湿度、日照の強さによって導き出された熱中症のリス...


真夏のゴルフで気をつけて!熱中症にならないためにすべきこと

ゴルフはとても楽しいスポーツです。高齢者だけでなく、最近では若者の関心も高まっ...

暑さ指数「WBGT」って知ってる?数値されてわかりやすい暑さ指数を活用しよう!

熱中症対策の必要性が高まる中、熱中症のリスクを知らせる暑さ指数、WBGTが用い...

カラダノートひろば

熱中症の関連カテゴリ

熱中症の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る